会津大学・スーパーグローバル大学事業の取組

スーパーグローバル大学事業とは

我が国における高等教育の国際競争力の向上及びグローバル人材の育成を図るため、世界トップレベルの大学との交流・連携を実現、加速するための人事・教務システムの改革など国際化を徹底して進める大学や、学生のグローバル対応力育成のための体制強化を進める大学を支援することを目的としています。(文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援」のホームページより)

スーパーグローバル大学創成支援事業基幹サイト https://tgu.mext.go.jp/index.html

  • 「スーパーグローバル大学」とは、第2次政権発足後、安倍晋三首相の主導で発足した「教育再生実行会議」が提言したものです。
  • 国が世界で通用する研究や国際化を進める大学を重点的に支援する政策です。
  • 国際競争力の強化を目指して、世界の大学ランキング100位以内を目指す「トップ型」と、大学のグローバル化を牽引する「グローバル化牽引型」にわけ、計37校が認定されています。
  • 高い倍率を勝ち抜いた大学の構想はそれぞれの独自色を打ち出しています。
  • 会津大学は、平成26年9月、スーパーグローバル大学・グローバル化牽引型に採択されました。採択された37校のうち、公立大学では秋田の国際教養大学と会津大学の2校だけです。

イメージ図はこちら

このページの先頭へ