日本人学生在籍制度

コンピュータ理工学部に在籍している学生(4月入学)が、学部2年次以降に「ICTグローバルプログラム全英語コース」に在籍することができる制度です。
原則として英語で行われる講義・演習のみを受講することで卒業を目指すことになります。

「ICTグローバルプログラム全英語コース」に在籍するメリット

  • 留学生との接点や交流機会を持ち、国際的な友人の輪を広げることができます。
  • 英会話能力を鍛えることができます。
  • 短期・中期海外留学や海外インターンシップ参加に向けて、より実践的な英語力をつけることができます。(各種申込みや面接時にアピールできます。)
  • オナーズプログラム等参加に先立って、国際的な環境下に慣れることができます。
  • 特に大学院進学を希望する人は、早めに英語環境に身を置き慣れることができます。

修了認定

卒業時、ICTグローバルプログラム全英語コース科目の規定の単位数を修得した場合、「ICTGコース修了証」が授与されます。

申請方法

学部2年次1学期または、学部2年次3学期までに規定の単位数を修得した学生が申請できます。以下の申請書を学生課教務係へ提出してください。

※学内からのアクセスに制限しています。

※規定にかかわらず、意欲があると認められる場合には、学部3年次以降であっても在籍を認められることがあります。
※時間割及びクラス定員の都合上、日本語クラスで受けていただくこともあります。
※ICTグローバルプログラム全英語コースに在籍したままでも希望により日本語で開講する授業を履修することが可能です。

詳細は学生課教務係までお問い合わせください。
お問い合わせ先メールアドレス sad-aas@u-aizu.ac.jp

Students' Voice