「会津大学オナーズプログラム(Honors Program)」とは

大学院進学の更なる促進・底上げ、および特異な才能を早期に発掘・育成することを目指し、既存の5年一貫プログラムを進化、および支援体制を充実させることにより「オナーズプログラム」として再構築しました。

オナーズプログラムの特長

オナーズプログラムには、「学部・修士一貫型」および「異才発掘型」の2つのタイプがあります。各プログラムに認定された学生は様々な支援を受けることができます。

学部・修士一貫型プログラム

学部・修士一貫型プログラムは、学部と博士前期課程(修士課程)を5年間+オナーズイヤー1年で修了するプログラムです。

【認定対象】以下の条件を満たす学生は、学部・修士一貫型プログラムの認定を受けることができます。

タイプA(学部4年+博士前期課程1年)

  • 3年前期終了時点で100単位以上修得・GPA3.0以上
  • 指導教員からの推薦
  • 学部・大学院の教務委員会で承認


タイプB(学部3年+博士前期課程2年)

(B1 : 学部3年終了時に学部を中途退学した上で、大学院博士前期課程に進学)

  • 3年前期終了時点で100単位以上修得・GPA3.5以上
  • 指導教員からの推薦
  • 学部・大学院の教務委員会で承認

(B2 : 学部を3年間で早期卒業し、大学院博士前期課程に入学)

  • 3年前期終了時点で105単位以上修得・GPA3.75以上
  • 指導教員からの推薦
  • 学部・大学院の教務委員会で承認


【支援策】
学部・修士一貫型プログラムの認定を受けた学生は以下のような支援を受けることができます。

  • 奨学金受給
  • オナーズイヤー※取得
  • オナーズ活動費受給

※オナーズイヤーとは

学部・修士一貫型プログラムの認定を受けた学生が取得できる特別休学。最長で1年間まで取得可能。オナーズイヤーを取得し、オナーズ活動費を活用することで、学生は留学やインターンなど自己の研修に専念することができます。(オナーズイヤーの期間中は奨学金の支給は休止となります)

【候補者育成】1年次終了時点で一定の条件を満たす学生は、学部修士一貫型の候補者として認定され、支援を受けることができます。

認定対象(1年終了時)
  • 40単位以上取得かつGPA3.50以上
支援策
  • 研究室早期配属
  • 上級学年科目受講
  • 履修上限単位適用除外

オナーズプログラム図表1

Student's Voice

穴澤和也(Kazuya Anazawa)博士前期課程2年生(2017年時点、福島県出身)
Q. 5年一貫プログラムにチャレンジしようと思ったきっかけは?

穴澤和也(Kazuya Anazawa)

 より早く大学院に進学し知識を深めたいと考えたこと、また、人よりも1年早く修士号を取得することができるため、将来の行動の幅が広がるとおもったのがきっかけです。実際、就職活動においても、1年早く修士号を取得することが有利に働いたと感じています。プログラムに認定されるための成績要件は厳しく、その要件を目指したことが、より自分を高めることにつながりました。

異才発掘型プログラム

異才発掘型プログラムは、学部に在籍中に様々なことに挑戦したい学生のためのプログラムです。


【認定対象(2年次以下)】
以下のいずれかの条件を満たす学生は、教務委員会の承認を受けた後、異才発掘型プログラムの認定を受けることができます。

  1. チャレンジャーバッジ取得
  2. 以下の活動のうちから2つ以上に参加
  • 特別基礎講座受講(2科目以上)
  • 海外インターンシップ
  • 海外留学(1ヵ月未満を除く)
  1. 教員推薦


【支援策】
異才発掘型オナーズ学生は以下のような支援を受けることができます。

  1. 研究室早期配属
  2. オナーズ特別講座※受講
  3. 活動費受給
  4. 定期試験における出席要件の緩和
  5. 卒業生作品の完成に伴う卒業論文の条件変更
※オナーズ特別講座とは

 異才発掘型プログラムの認定を受けた学生を対象とする科目で、様々な挑戦をうながし、サポートするための科目です。IoTやアプリ開発など、様々な内容を企画中です。

オナーズプログラム図表2

オナーズプログラム図表3

オナーズプログラム修了証

学部・修士一貫型プログラムの認定を受けた学生が大学院博士前期課程を修了するとき、および異才発掘型プログラムの認定を受けた学生が学部を卒業するときに、オナーズプログラム修了証が交付されます。

このページの先頭へ