2020年07月02日

2020年7月1日より、「イノベーション・創業教育プログラム」を新たに開設することになりました。

「イノベーション・創業教育プログラム」は、スーパーグローバル大学事業における「世界レベルの技術革新・創業人材の輩出」を実現するため、
本学コンピュータ理工学部生の創業に対する意識醸成や、知識・経験のインプットをサポートするものです。

イノベーション・創業教育プログラムの概要

イノベーション・創業教育プログラムでは、起業や副業など、今学んでいる技術を将来に活かしていきたいと考えている学生をサポートします。

本プログラムの認定を希望する学生に必要な要件

・認定科目のうち、合計8単位以上を取得

・認定研修の1つに参加

・課外活動に参加し、チャレンジバッジ(金・銀・銅いずれか1枚、またはコイン5枚)を取得

以上の3つを満たすことで、創業について一定の知識・経験を身に着けた(「イノベーション・創業教育プログラム」修了)と認定されます。

本プログラム参加中のサポート

本プログラムの認定を希望する場合、事前に参加届の提出が必要です。(参加届のダウンロードはこちら

参加届を提出した学生には、

・ハッカソン、アイデアソン等課外活動につながるイベント情報を受け取ることができる。

・会津地域を含む企業との座談会に参加することができる。

・ビジネスアイデアのブラッシュアップのための相談、アドバイスを受けることができる。

等のサポートがあります。

1期生募集

イノベーション・創業教育プログラムの1期生を募集します。

参加を希望する方は、実施要領をお読みのうえ、以下の参加届を提出してください。

イノベーション・創業教育プログラム実施要領.pdf

イノベーション・創業教育プログラム 参加届.pdf


提出先:会津大学 スーパーグローバル大学推進室(担当:光永)
    研究棟1階 123号室

受付開始日:2020年7月1日(水)~


近日中に説明会を開催する予定ですが、質問等があれば以下お問い合わせ先までお気軽にご連絡ください。
また「イノベーション・創業教育プログラム」の詳細資料も配布していますので、お気軽にお立ち寄りください。

お問い合わせ先:
会津大学 スーパーグローバル大学推進室(担当:光永)
研究棟1階 123号室
sgu-adm@u-aizu.ac.jp
0242-37-2701

「産学イノベーションセンター(UBIC)」・「地域ベンチャー創成支援財団」との連携

本プログラムを含め、会津大学では産学イノベーションセンター(UBIC)・地域ベンチャー創成支援財団と連携し、
創業を目指す学生を総合的にサポートする体制を整えています。

UBICでは、創業に向けてビジネスアイデアを具体化するための指導を中心に、
外部コンテスト等への参加や資金等獲得についてもサポートしていきます。

また地域ベンチャー創成支援財団では、企業の設立や事業計画、経営相談など創業後に
一企業として安定的に事業活動を行っていくためのサポートが受けられます。

本プログラムに認定された学生、または認定される前の段階、本プログラム参加者以外でも、
創業に向けて具体的に動き出したい人はUBIC・地域ベンチャー創成支援財団からの支援を受けることも可能です。

なお本プログラムは「地域ベンチャー創成支援財団」による支援のもと、設立・運営しています。

このページの先頭へ