2017年09月13日

先月23日より会津大学のシリコンバレー研修プログラムで派遣されていた学部生及び大学院生8名が5日に帰国しました。滞在期間中、コンピュータ業界をリードする Google 社やMicrosoft社や、地元の大学であるスタンフォード大学やサンノゼ州立大学、コンピュータ歴史博物館などの訪問、技術者や教員との交流等を通して世界をリードするシリコンバレーの国際的な環境を学びました。また、現地エンジニアの指導の下、学生はスマートフォンによって自由に制御することのできるボール型のロボットや、音楽のリズムに合わせて首を振る赤べこなどを作り、その成果をマイクロソフトのシリコンバレーオフィスにてアピールした他、技術者同士の共同ワーキングスペースである「ハッカー道場」にて開催した交流会「会津ナイト」にて発表を行いました。また現地サンノゼで行われた技術イベント「ミニメーカーフェア」にて作品を出展し地元の人々と交流を深めました。

※ミニメーカーフェアでの会津大生の写真が現地メディアに紹介されました。

http://www.mercurynews.com/2017/09/03/san-jose-mini-maker-faire-celebrates-all-things-diy/

P9020720.JPGのサムネイル画像 IMG_20170903_170901.jpgのサムネイル画像 P9040814.JPGのサムネイル画像 P9040823.JPGのサムネイル画像   

9月29日に学生食堂にて報告会を開催します。学生の貴重な体験をお話ししますので、みなさまぜひお越しください!

 9月29日(金) 16:00~17:00 @会津大学 学生食堂

このページの先頭へ