基本情報

所属
語学研究センター
職位
准教授
E-Mail
anogita@u-aizu.ac.jp
Webサイト

教育

担当科目 - 大学
基礎英語 1
基礎英語 2
英語の発音の基礎と実践:五十音表の英語版 13母音と24子音
組織でのコミュニケーション
論文の書き方とプレゼンテーション
英語の音とつづり
担当科目 - 大学院

研究

研究分野
第二言語音声学・音韻論・文字体系
日本語音声学・音韻論・文字体系
応用言語学
略歴
2016年 博士(言語学) ビクトリア大学
2010年 修士(応用言語学) ビクトリア大学
1999年 学士(経営学部経営学科) 青山学院大学
現在の研究課題
中国語のピンインを用いた発音指導法を、日本の英語教育に取り入れ、定着させる。(英語を母語としない人たちのための、英単語を正しく読むための”フリガナ”(phonetic spelling)を統一し、中国語の教科書のピンインのように、英語の教科書にも徹底的にphonetic spellingを表記し、定着させる。)
研究内容キーワード
第二言語の発音と文字体系
日本語音声学・音韻論・文字体系
所属学会
日本音声学会 日本音韻論学会 外国語教育学会

パーソナルデータ

趣味
テニス
作曲
子供時代の夢
電車の車掌
バイオリンの先生
これからの目標
日本の英語教育に、英語の”フリガナ”を定着させる。
国語の授業に、日本人のためのピッチアクセント教育を定着させる。
耳がやや不自由な人のための音声学を、学校教育で定着させる。
座右の銘
笑う門には福来る
虎の威を借る狐
Shortの後は絶対子音
愛読書
「まっすぐ進む夢へのヒント54」木根尚登
学生へのメッセージ
外国語を「勉強」と考えるのはやめよう!外国語は、スポーツや楽器と同じく技術なので、フィジカルなトレーニングが必要。頭ではなく筋肉を使って練習しよう。
その他

主な著書・論文

Nogita, A. & Yamane, N. (2019). Redefining roundness, protrusion and compression:
In the case of Tokyo Japanese /u/. Phonological Studies, 22.

野北明嗣. (2018).一般米語全13母音に聴覚的に対応する日本語の母音-英語の母音は決して難しくない-.外国語教育研究21. pp. 1–19.

野北明嗣. (2018). 英語の全音素一覧表の提案: 発音体系の全体像を把握させる教育. 外国語外国文化研究, 28, 30-45.

Nogita, A. (2018). Is Syllabification Necessary in Tokyo Japanese? Syllables as Non-lexical Units. Phonological Studies, 21, 7–14.

Nogita, A. (2016). Arguments that Japanese [Cj] s are complex onsets: durations of Japanese [Cj] s and Russian [Cj] s and blocking of Japanese vowel devoicing. Working Papers of the Linguistics Circle, 26(1), 73–99.

Nogita, A. (2016). The/s/-/ʃ/confusion by Japanese ESL learners in grapheme-phoneme correspondence: bias towards [s] and <s>. Working Papers of the Linguistics Circle, 26(1), 45–57.

Nogita, A., & Yamane, N. (2015). Japanese Moraic Dorsalized Nasal Stop. Phonological Studies, 18, 75–84.

Guo, X., & Nogita, A. (2013). Lexical schwa and inserted schwa produced by Mandarin Chinese EAL learners. Working Papers of the Linguistics Circle, 23(1), 81–109.

Nogita, A., & Fan, Y. (2012). Not Vowel Epenthesis: Mandarin and Japanese ESL learners’ production of English consonant clusters. Working Papers of the Linguistics Circle, 22(1), 1–26.

Nogita, A. (2010). Do Japanese ESL learners’ pronunciation errors come from inability to articulate or misconceptions about target sounds? Working Papers of the Linguistics Circle of the University of Victoria, 20, 82–116.


Conference preceedings
Nogita, A., Yamane, N., & Bird, S. (2013). The Japanese unrounded back vowel/ɯ/is in fact rounded central/front [ʉ-ʏ]. Ultrafest VI Program and Abstract Booklet, 39–42.