基本情報

所属
ソフトウェア工学講座
職位
教授
E-Mail
vkluev@u-aizu.ac.jp
Webサイト
http://www.u-aizu.ac.jp/~vkluev/

教育

担当科目 - 大学
Java Programming 1Web Engineering
担当科目 - 大学院
Software Engineering for Internet ApplicationsIntelligent Information Retrieval and Text Mining

研究

研究分野
Information RetrievalSoftware EngineeringComputer Security
略歴
1983: PhD in mathematics and physics (candidate of science according to the Russian classification) from Leningrad State University (Russia) 1983 - 2001: Research Assistant; Lecturer; Associate Professor at Saint Petersburg (Leningrad) State University, Faculty of Applied Mathematics - Control Processes. 1989 - 1990: Visiting Researcher at the Free University Berlin, Institute of Computer Science (Germany). 2000 - present: Visiting Researcher; Associate Professor, Senior Associate Professor; Full Professor in the Software Engineering Lab at the University of Aizu. 2009: Fellowship under the Joint programme between the Research Council of Norway (RCN) and the Japan Society for Promotion of Science (JSPS), University of Agder, Norway.
現在の研究課題
Web Application Technologies
研究内容キーワード
Text MiningSummarization of Wikipedia ArticlesInformation Security Apps
所属学会
ACM, IEEE, IEICE

パーソナルデータ

趣味
旅行、オーディオブック鑑賞、自転車
子供時代の夢
あらゆることを知る、それが少年時代の夢でした。
これからの目標
意欲に満ちた学生には才能があふれています。学生たちにその才能を示すことが、今の私の夢です。
座右の銘
子供の頃、祖父が繰り返し私にこう言いました。「おまえが成し遂げ、生み出したことはよいことなのだ」と。新たなプロジェクトを始める時、私はいつもこの言葉を思い出します。
愛読書
V. Pekelis, Small Encyclopedia of Big Cybernetics (ロシア語), 1970. http://roboticslib.ru/books/item/f00/s00/z0000002/index.shtml 私はこの本を高校の卒業式で受け取りました。二日で読了し、プログラミングとコンピュータを大学で専攻すべきだとわかりました。
学生へのメッセージ
学生の皆さんは自分自身にこう言い聞かせましょう。「私は日本が世界のリーダーとなるために、社会に貢献せねばならない!」
その他
V. Klyuev, Handheld Electronic Dictionaries from Japan: What is new in the past three years? IXBT WEB portal, http://www.ixbt.com/pda/japanese-dict-4.shtml, 2007 (In Russian).

V. Klyuev, Let's note Panasonic CF-T2B: Combination of Lightness and Capacity. User's View, IXBT WEB portal http://www.ixbt.com/portopc/panasonic-cf-t2.shtml, 2004 (In Russian)."

主な研究

情報検索のための意味的手法

クラウド上に全てのデータを保管する、というコンピュータ技術の新しいトレンドはコンピュータのメーカーやオペレーティングシステムの開発者、そしてユーザーの間でにわかに注目されています。結果として、インターネットから適切な情報を得る為のスマートな意味的検索技術の需要が非常に高くなっています。

この研究を見る

コンピュータセキュリティ

インターネットセキュリティはコンピュータセキュリティのインターネットに関する一分野です。その目的はインターネットを介して行われる攻撃に抗する基準や尺度を構築することであり、最終的な目標はインターネットに繋がる機器を保護することです。 この研究ではセキュリティの様々なかたちやインターネットに接続された機器への攻撃方法、攻撃に対する最新のツールなどを学びます。もし貴方がこの研究領域に興味をお持ちなら、是非私たちのグループに参加して下さい。解決を待っている重要な問題が山ほど有ります。きっと貴方の気を引くものが有るでしょう。

この研究を見る

機械学習システムTensorFlowを用いたWebアプリケーション

TensorFlowは2015年11月にGoogleによってApache 2.0ライセンスの下に公開された新しいオープンソースプロジェクトです。近年、モバイルデバイスのユーザーは正確な音声認識や翻訳、写真や動画に対する人間のような解説、予測された検索結果などを享受しています。これらはGoogleの機械学習の成果に拠るものです。 この研究に関与する学生はTensorFlowについて詳細に学習することになり、このツールの新しい応用分野について(例えば、コンピュータセキュリティやオピニオンマイニングなどについて)調べることになるでしょう。この機械学習システムを用いて運用されるWebアプリケーションを設計することがこの研究の最終的な目標です。

この研究を見る

主な著書・論文

Editors: Vitaly Klyuev and Alexander Vazhenin, Proceedings of the International Joint conference on Human-Centered Computer Environments (HCCE 2012), March 8-13, 2012, Japan, Published by ACM.

Editors: Oana Dini, Mario Hoffman, Vitaly Klyuev, Josef Noll, and Weilian Su, Proceedings of The Second International Conference on Advances in Human-Oriented and Personalized Mechanisms, Techniques, and Services, 20 - 25 September, 2009, Portugal, IEEE Computer Society.

M. Munezero, C.S. Montero, T. Kakkonen, E. Sutinen, M. Mozgovoy, V. Klyuev. Automatic Detection of Antisocial Behaviour in Texts, Informatica, Vol. 38, No 1, 2014, pp. 3 - 10.

Yannis Haralambous and Vitaly Klyuev. Thematically Reinforced Explicit Semantic Analysis, International Journal of Computational Linguistics and Applications, Vol. 4, No. 1, JAN-JUN 2013, pp. 79-94.

Hapugahage Thilak Chaminda, Vitaly Klyuev, Keitaro Naruse, and Minetada Osano. Recognition of Short Time -Pared Activities: An Algorithm for a Smart Reminder System, IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems, Vol. 132, No 6, 2012, pp. 1016-1027.

Vitaly Klyuev and Vladimir Oleshchuk, Semantic retrieval: an approach to representing, searching and summarising text documents, Int. J. Information Technology, Communications and Convergence, Vol. 1, No 2, 2011, pp. 221 - 234.

Vitaly Klyuev and Ai Yokoyama (coauthor is my undergraduate student), Web Query Expansion: A Strategy Utilizing Japanese WordNet, Journal of Convergence, Vol. 1, No 1, 2010, pp. 23 - 28.

V. Kluev, Results Merging with the OASIS System: An Experimental Comparison of two Techniques, IEICE Transactions on Information and Systems: The Special Issue on "Text Processing for Information Access", September, 2003, Vol. E86-D, NO.9, pp. 1773 - 1780.

V. Kluev, Compiling Document Collections from the Internet, ACM SIGIR Forum, ACM Press, 2000, Vol. 34, No 2, pp. 9 - 14.