2016年03月22日

櫻井俊輔君(学部2年)は、入学から1年間で、もうすでにベンチャー企業での研修、シリコンバレーでのインターンシップを経験しています。今回は、櫻井君のメッセージを皆さんに紹介します。

『会津大学は英語教育に注力している大学である』、会津大学に入学する学生のほとんどはこのことを認知しており、中には入学の決め手となった学生もいると思います。そして、会津大学の英語教育は、ただ英語能力を伸ばすだけではなく、英語能力を獲得した先のことがもっと大切であること教えてくれます。そして会津大学はそれを、さまざまな体験を通じて教えてくれます。英語能力は下地であり、IT技術こそが主軸であることの認識です。私は今回、シリコンバレーを訪れそのことを、身をもって経験しました。英語能力があれば世界観が変わり、そしてIT技術があれば世界を変えられるのです。

海外への関心を後押しし、飛び越えるための踏み切り台となってくれるのがスーパーグローバル大学である会津大学です。私たち学生が様々なことに関心を持 ち、それに挑戦することに全力でサポートしてくれる会津大学!ならば私たち学生側の務めはこれに全力でチャレンジすることです。ジャンプするなら今がその 時です。

Don't hesitate, Keep trying!

closeup02.jpg
櫻井君は教授会で発表している様子

closeup03.png
シリコンバレーの精神を物語っている言葉(櫻井君がシリコンバレーで撮影)。

このページの先頭へ