基本情報

所属
先端情報科学研究センター,宇宙情報科学クラスター
職位
准教授
E-Mail
chonda@u-aizu.ac.jp
Webサイト

教育

担当科目 - 大学
M2 線形代数I [再]M2 線形代数II [再]L5 コンピュータ理工学実験
担当科目 - 大学院
ITA23 Practical Data Analysis with Lunar and Planetary Databases

研究

研究分野
惑星科学月惑星探査月惑星探査データ解析・数値シミュレーション
略歴
2009.4 - 現在 会津大学先端情報科学研究センター宇宙情報科学クラスター(ARC-Space, CAIST),准教授
2006年4月 - 2009年3月 宇宙航空研究開発機構宇宙航空プロジェクト研究員
2005年4月 - 2006年3月 宇宙航空研究開発機構共同利用研究員
1999年4月 - 2005年3月 九州大学大学院理学研究科地球惑星科学専攻博士後期課程(宇宙科学研究所にて共同利用研究員),博士(理学)
1997年4月 - 1999年3月 九州大学大学院理学研究科地球惑星科学専攻博士前期課程
1993年4月 - 1997年3月 九州大学理学部地球惑星科学科
1993年3月 鹿児島県立加治木高等学校卒業
現在の研究課題
クレーターの空間分布を評価する手法の開発・評価,月地質図作成のために地形分類や月面荒さの定量化,月面火成活動の数値シミュレーション
研究内容キーワード
惑星科学全般,衝突クレーター,月惑星の火成活動
所属学会
日本惑星科学会,日本地震学会,日本地球惑星科学連合,American Geophysical Union

パーソナルデータ

趣味
カメラ撮影(デジタル一眼レフ)。 海外旅行(最近は東南アジア)。
子供時代の夢
宇宙開発事業団に就職すること。一度叶ったので辞めて(本当は採用年限が迫ったため)会津大に来ました。
これからの目標
情報科学の手法を地球・惑星科学に応用すること
座右の銘
沈思黙考(黙考しすぎることが難)
愛読書
学生へのメッセージ
若いうちに悩んで苦労すると三十代になったときに自分のキャパシティの大きさに救われます。苦しいけれど学び続ける気持ちを持とう!
その他

主な研究

地球月惑星リモートセンシングデータの科学的解析

わたしたちの太陽系の成り立ちや進化を知るうえで,月惑星探査機や地球観測衛星が取得したリモートセンシングデータを解析することは非常に重要です.会津大学で研究され,蓄積されているデータ解析のためのソフトウェア技術を活かして,地球惑星科学上の発見ならびに防災・環境に関わる研究を進めています.

この研究を見る

小惑星探査機「はやぶさ2」

JAXAが2014年に打ち上げた小惑星探査機「はやぶさ2」プロジェクトに会津大学からCAIST/ARC-Space所属教員を中心に多くのメンバーが参加し,2018年の小惑星Ryugu(リュウグウ)到着と,2020年の地球帰還を目指して,研究を進めています.特に,「はやぶさ2」に搭載されている近赤外線分光装置を始めとする観測機器の開発や,観測機器が取得するデータを元に小惑星形状のモデリング等を行う解析ソフトウェアの開発に取り組んでいます.

JAXAはやぶさ2プロジェクトサイト

*バナー画像などはJAXAデジタルアーカイブスのデータを利用しています

この研究を見る

月惑星探査データ解析ソフトウェアの開発

小惑星探査機「はやぶさ」や月探査機「かぐや」など,これまでに行われたは月惑星探査計画によって,多くの観測データが得られています.この資産を活かして,多様な科学的解析を進めるため,解析を助けるソフトウェアが必要とされています.
複雑なデータをわかりやすく可視化したり,膨大なデータの中から重要なものを見つけ出すための技術を研究しています.

この研究を見る

月惑星探査機搭載の観測機器開発

月惑星探査機は,目的地で科学的なデータを取得するために,カメラや分光装置などの様々な観測機器を搭載します.会津大学ではCAIST/ARC-Space所属教員を中心に,周辺の企業等とも連携して探査機搭載観測機器の開発に取り組んでいます.

この研究を見る

課外プロジェクト「月惑星データ解析」

入学してすぐの一年生から、自ら選んだ題材の学習・研究に取り組めるという、会津大学の課外プロジェクトのひとつで、2003年から毎年実施されています.「月惑星データ解析」では,月惑星科学の基礎知識の習得,月惑星探査機が取得した画像データ等の閲覧・解析方法について学びます.大学研究棟屋上に設置されている天文ドーム内の望遠鏡を用いた天体観測や研究所見学なども行っています.
平成29年度シラバス: http://web-ext.u-aizu.ac.jp/official/curriculum/syllabus/2017_1_J_020.html#O03-003

この研究を見る

主な著書・論文

原著論文:
Ohatake et al. (2010), Space Science Reviews, 154, 57-77, "Deriving the Absolute Reflectance of Lunar Surface Using SELENE (Kaguya) Multiband Imager Data".
Ohtake et al. (2009), Nature, 461, 236-240, "The Global Distribution of Pure Anorthothite on the Moon".
Haruyama et al. (2009), Science, 323, 905-908, "Long-Lived Volcanism on the Lunar Farside Revealed by SELENE Terrain Camera".
Haruyama et al. (2008), Science, 322, 938-939, "Lack of Exposed Ice Inside Lunar South Pole Shackleton Crater".
Saito et al. (2006), Science, 312, 1341-1344, "Detailed Images of Asteroid 25143 Itokawa from Hayabusa".