お問い合わせ先

公立大学法人 会津大学

所在地 〒965-8580
福島県会津若松市一箕町鶴賀
TEL 0242-37-2500(代)
お問い合わせ先一覧
お問い合わせ内容担当電話・ファックスE-Mail
教員採用に関して
施設利用に関して
総務予算課 Tel: 0242-37-2500
Fax: 0242-37-2528
cl-general@u-aizu.ac.jp
会津大学公式サイトに関して 企画連携課 Tel: 0242-37-2510
Fax: 0242-37-2546
web-info@u-aizu.ac.jp
公開講座、大学見学に関して 企画連携課 / 計画広報係 Tel: 0242-37-2510
Fax: 0242-37-2546
cl-planpr@u-aizu.ac.jp
産学イノベーションセンター、産学連携に関して 企画連携課 / 連携支援係 Tel: 0242-37-2776
Fax: 0242-37-2778
cl-innov@u-aizu.ac.jp
共同研究、受託研究、奨学寄附金に関して Tel: 0242-37-2511
Fax: 0242-37-2546
入試に関して 学生課 / 学生募集係 Tel: 0242-37-2723
Fax: 0242-37-2526
admission@u-aizu.ac.jp
教務に関して 学生課 / 教務係 Tel: 0242-37-2600
Fax: 0242-37-2526
sad-aas@u-aizu.ac.jp
本学学生への求人、学生の就職に関して
各種証明書の発行依頼に関して
(​卒​業​生​・​修​了​生​向​け​証​明​書​含​む​)
学生課 / 学生支援係 Tel: 0242-37-2515
Fax: 0242-37-2526
cl-health-welfare@u-aizu.ac.jp

よくあるご質問

  • Q. 推薦入試の出願資格が変更になったそうですが。
  • Q. 平成21年4月から経済産業省所管の情報処理技術者試験制度が変更になりました。試験制度が変更になる前に取得した「初級システムアドミニストレータ」は出願資格として有効でしょうか。
  • Q. 飛び入学を受けるにはどうしたらいいですか
  • Q. 地方会場はありますか
  • Q. センター試験の理科は、何を受験する必要がありますか
  • Q. 受験時の宿泊所は紹介してもらえますか
  • Q. 合格発表はどういう方法で行うのですか
  • Q. 入学したらパソコンを購入する必要がありますか
  • Q. コンピュータの専門学校とはどう違うのですか
  • Q. 大学の授業は全て英語で行うのですか
  • Q. 寮はありますか。
  • Q. 資格(免許)は取れますか?
  • Q. どのようなところに就職できますか
  • 受験生のみなさんから寄せられる質問におこたえします。

    Q. 推薦入試の出願資格が変更になったそうですが。
    平成22年度入試から、推薦A、推薦Bの両方とも出願資格が拡大しました。推薦Aは「福島県高校文化連名科学専門部会主催の生徒理科研究発表会県大会において発表した者」、推薦Bは「情報オリンピック日本委員会主催の日本情報オリンピック本選において成績優秀者(Aランク者)となった者」がそれぞれ追加になりました。
    Q. 平成21年4月から経済産業省所管の情報処理技術者試験制度が変更になりました。試験制度が変更になる前に取得した「初級システムアドミニストレータ」は出願資格として有効でしょうか。
    変更前の試験制度で取得した資格、例えば「初級システムアドミニストレータ」や「ソフトウェア開発技術者」等も出願資格として有効です。
    Q. 飛び入学を受けるにはどうしたらいいですか
    8月上旬に募集要項を発行しますので、会津大学学生課まで募集要項を請求してください。選抜方法は募集要項をご覧ください。
    Q. 地方会場はありますか
    会津大学の他に、推薦入試Bは名古屋市、一般入試は東京都内でも試験を実施します。出願の際に受験会場を選んでください。
    Q. センター試験の理科は、何を受験する必要がありますか
    センター試験の理科は、受験者が物理I、化学I、地学I、生物I、理科総合A、理科総合Bから1科目を選択することができ、2科目以上受験の場合は最も高得点の科目の成績を合否判定に利用します。ただし、本学のカリキュラムは物理学が必修となっていますので、入学後のことを考えると、高校では物理を選択されることをお薦めします。
    Q. 受験時の宿泊所は紹介してもらえますか
    会津会場での宿泊については、募集要項に旅館組合が作成した宿泊所案内を添付していますので、そちらを参考に旅館組合に直接申し込んでください。
    Q. 合格発表はどういう方法で行うのですか
    本学の掲示板に合格者の受験番号を掲示し、合格者に対しては合格通知書を速達で発送します。また、本学のホームページや携帯サイトでも公表しますが、合格通知書で最終確認してください。
    Q. 入学したらパソコンを購入する必要がありますか
    本学では、コンピュータ演習室等にワークステーションを24時間使用できる環境を整えています。特に、パソコンの購入の必要はありません。
    Q. コンピュータの専門学校とはどう違うのですか。
    会津大学では、十分なコンピュータ環境と国際的で優秀な教員陣をそろえています。また、体系的なカリキュラムによって、1・2年で基礎力をつけ、3・4年でコンピュータ理工学の応用分野を学びます。コンピュータリテラシーだけでなく英語リテラシーも習得できます。専門学校では、ある特定のソフトやプログラムについての知識・技術を身に付けることができますが、本学では、コンピュータ理工学についての幅広い知識・技術を身に付けることが可能であるという点で大きな違いがあります。
    Q.大学の授業は全て英語で行うのですか。
    1年次、2年次の授業の大半は日本語で行われます。また、英語で行われる授業は大学院生などがサポートしてくれますので、英語が苦手でも心配することはありません。会津大学で4年間学べば、卒業論文を英語で書き、発表する力が身に付きます。
    Q. 寮はありますか。
    平成23年3月に会津大学修学支援宿泊施設(学生寮)「創明(そうめい)寮」が完成しました。アパート・下宿の情報とあわせてこちらをご覧ください。
    Q.資格(免許)は取れますか?
    中学校教諭一種(数学)、高等学校教諭一種(数学、情報)の教員免許状を取得することができます。これらの教員免許取得のためには、卒業要件に必要な単位の他に、「教科に関する科目」「教職に関する科目」を所定の単位数修得する必要があります。
    Q.どのようなところに就職できますか
    コンピュータ理工学部では、コンピュータに関する基礎知識・技術を幅広く習得することができます。コンピュータに関わる職業であれば、どのような分野にも就職可能であると考えます。また、自分で起業する学生もいます。具体的な就職先については、進路状況をご覧ください。
    質問や相談については会津大学学生課までお問い合わせください。
    また、オープンキャンパスでも個別相談会を開催しますので、ぜひご参加下さい。

    このページの内容に関するお問い合わせは「企画連携課 計画広報係」までお願いいたします。

    お問い合わせ先メールアドレス
    cl-planpr@u-aizu.ac.jp

    関連記事