大河ドラマ『八重の桜』へのVFX協力について

会津大学産学イノベーションセンター(UBIC)では、産業界や地域との連携を推進するために、様々な産学連携活動を行っています。この度、会津大学の学生が大河ドラマ『八重の桜』制作に関わる機会がありました。大河ドラマにおけるVFX技術についての講演を開催します。

日時:平成25年8月21日(水) 12:00~13:00、16:00~17:00 終了しました。当日の様子はこちら

  『運動解析室見学』(UBIC) 12:00~13:00           
    UBIC運動解析室見学及び会津大生による『八重の桜』で使用されたVFXについて説明

  講演(講堂) 16:00~17:00
   【講演内容】「大河ドラマ『八重の桜』におけるVFX技術」
   【講  師】
   日本放送協会 専任ディレクター 加藤 拓氏、ドラマ部VFX・ラインプロデューサー 結城 崇史氏
   NTTラーニングシステムズ株式会社 VFXスーパーバイザー 進 威志氏、 主任 鴫原 和宏氏

講演者プロフィール
日本放送協会専任ディレクター 加藤 拓(かとう たく)氏 
NHKに入局以来、同局のドラマ番組の企画・演出に携わる。「疾風のように」(1999)で文化庁芸術祭放送個人賞を受賞。朝の連続テレビ小説「天花」(2004)や大河ドラマ「功名が辻」(2006)などのテレビシリーズの演出を手がける。ほかに「茂七の事件簿」シリーズ(2001-2003)などの時代劇シリーズ、マラッカ海峡の国際海賊問題を扱った単発ドラマ「生き残れ」(2005)など多くのテレビドラマを企画・演出。2007年よりスペシャルドラマ「坂の上の雲」に第三部チーフ演出・脚本として参加。ラトビア、フランス、マルタ共和国など8カ国で撮影、ドイツや韓国など国内外のプロダクションとVFX作業を進行する。2013年大河ドラマ「八重の桜」でチーフ演出。
【演出作品】連続テレビ小説「ええにょぼ」(1993) ドラマ新銀河「くろしおの恋人たち」「青空にちんどん」 大河ドラマ「秀吉」(1996) 土曜ドラマ「風になれ、鳥になれ」(1998)時代劇「柳橋慕情」(2000)、「茂七の事件簿」シリーズ(2001-2003) 単発ドラマ「生き残れ」(2005) 連続テレビ小説「天花」(2004)、大河ドラマ「功名が辻」(2006)、スペシャルドラマ「坂の上の雲」第三部、大河ドラマ「八重の桜」

日本放送協会ドラマ部VFX・ラインプロデューサー 結城 崇史(ゆうき たかふみ)
大学卒業後、レコード会社に就職。ロスアンゼルス駐在中にコンピューターグラフィックスの制作に携りCG コーディネーター、CGプロデューサーとしてCM,テレビ、映画、ゲームのCG/VFXを手がける。
現在、大河ドラマ「八重の桜」VFXプロデューサー。また後進の指導にも積極的に携わり東京工科大学メディア学部においてクリエイティブラボのアドバイザー及び演習講師を務める。現在は東京電機大学未来学部の研究員も務める。
【代表作品】「バットマン」、「坂の上の雲」、「負けて勝つ」、「八重の桜」他イベント映像、PV、TV-CM、ゲーム映像等多数
【著  作】・CGワールドにおいて「マンスリーフェース」を定期連載
・ジ・アート・オブ・バットマン・ビギンズ―シャドウ・オブ・ザ・ダークナイト(翻訳)
・テレビの未来を拓く君たちへ(第14回担当)
【その他】業界団体であるJESA主催によるInterBeeにおいてアジア・コンテンツ・フォーラム・ディレクター

NTTラーニングシステムズ株式会社VFXアドバイザー 進 威志(しん たけし)氏 プロフィール
【ドラマ】NHK 「八重の桜」、「負けて勝つ」、「坂の上の雲」、WOWOW「幻夜」、BeeTV「パーティは終わった」「女たちは二度遊ぶ」
【映 画】「二流小説家-シリアリスト-」、「つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語」、「はやぶさ 遥かなる帰還」、「ヤッターマン」、「クローズドノート」、「イキガミ」、「東京タワー オカンとボクと、時々オトン」、「男たちの大和/YAMATO」
【C  M】「キユーピー キユーピーマヨネーズ」、「大塚製薬 ポカリスエット・SOYSH」、「セブンアンドアイ」
【イベント映像・PV他】「フランス国立ギメ東洋美術館」、「北大路魯山人展」、「麗水万博 日本館」、「SHARP AQUOS_3D」、「鶴ヶ城プロジェクションマッピング「はるか」」、「NMB48 「絶滅黒髪少女」」、「MIWA「オトシモノ」

NTTラーニングシステムズ株式会社主任 鴫原 和宏(しぎはら かずひろ)氏 
【業 績】(主な著書、学会)1994年 電子情報通信学会秋季大会 高画質石英系ロッドレンズ(その2)
【ドラマ】 NHK 「負けて勝つ」、「八重の桜」
【映 画】 「ヤッターマン」、「東京タワー オカンとボクと、時々オトン」、「男たちの大和/YAMATO」
【W E B】 「FUJIFILM FinePix REAL 3D体験スペシャルサイト」、「MAZDApremacy(スタイル&カラー)
【C  M】 「パラマウントベッド」、「アリコ CI」その他イベント映像、PV、TV-CM、TV番組OP、ドラマ等多数


  大河ドラマ『八重の桜』前半部最大の見せ場、会津戦争の戦闘シーンVFXに、会津大学が協力しました。今回の撮影協力は、復興支援の一助として会津大学に参加が打診されたことにより実現しました。開学20周年という節目の年に、会津が舞台の大河ドラマに協力するという、大変すばらしい機会となりました。

 該当する映像素材は、第28話7月14日 放送の「自慢の娘」で使用される、「長命寺の戦い」(中村獅童さん演じる家老・佐川官兵衛率いる会津藩兵と新政府軍による城外での戦闘シーン)です。モーションキャプチャーによる撮影は5月13日、会津大学産学イノベーションセンター(UBIC)内運動解析ルームで行われました。反射材のついたスーツを着た会津大生が、槍や銃剣で戦い銃を構える動作を何種類も演じ、この撮影は5時間にも及びました。演技は複数の赤外線カメラで記録され、このデータを自然な人体の動きに見えるよう調整したあとで、コンピュータグラフィックスで衣装や人物の画像を描きます。さらに角度や位置を変えて複製し、多数の兵士がいるように配置します。こうしてできたCGによる兵士の画像を実写と合成し、迫力のある戦闘シーンが完成しました。

放映日時

  • ドラマ本編
    『八重の桜』 第28回「自慢の娘」
    本放送 7月14日(日) NHK総合 20:00~20:44 BSプレミアム 18:00~18:44
    再放送 7月20日(土) NHK総合 13:05~13:49
    公式サイト
  • 関連番組 
    『はまなかあいづToday』 「週刊八重の桜マガジン」 ※撮影風景が放送されます。
    7月9日(火) NHK福島放送局 18:10~18:59
    関連番組
    『NHKニュース おはよう日本』 東北地域限定 ローカル・地域 各地の放送局から ※上記番組の短縮版です。
    7月18日(木)、7月29日(月) NHK東北地域放送局 7:53~8:00

motion02 motion03 motion04 motion05 motion07 motion08 motion09 motion10

このページの内容に関するお問い合わせは「企画連携課 計画広報係」までお願いいたします。

お問い合わせ先メールアドレス
cl-planpr@u-aizu.ac.jp

関連記事