国際天文学連合(IAU)(※1)が主催する、アジア太平洋地域の天文学に関する国際会議APRIM(Asia-Pacific Regional IAU Meeting)(※2)が、2023年夏に福島県郡山市(ビッグパレットふくしま)(※3)で開催されることが決定し、2021年5月26日に開催された日本学術会議物理学委員会のIAU分科会にて公表されました(※4)。同会議の日本での開催は、1984年(京都)、2002年(東京)に次いで、3回目となります。

 本学会の招致に向けて、国立天文台副台長渡部潤一教授(会津大学客員教授、宇宙情報科学研究センター(※5)副センター長)のほか、会津大学からは出村裕英教授(宇宙情報科学研究センター長)、中里直人教授、平田成上級准教授、北里宏平准教授らが働きかけを行っており、実現に至りました。

 学会の詳細については、今後、決定していきますが、招致にかかわった本学教員及び郡山市ふれあい科学館、日本大学工学部などが準備を進めていくこととなります。

APRIM2021_2017_01.jpg
2017年APRIMの様子

APRIM2021_big-palette_01.jpg
会場となるビッグパレットふくしま

(掲載日:2021年5月26日)

このページの内容に関するお問い合わせは「企画連携課 計画広報係」までお願いいたします。

お問い合わせ先メールアドレス
cl-planpr@u-aizu.ac.jp

関連記事