はやぶさ2と会津大学まとめ

Hayabusa2_0000.png

・はやぶさ2に参画している会津大学教員等紹介

・会津大学の研究者が参加している機器と福島県・関係企業が開発に関係している機器(主要部品のみ)

はやぶさ2関連リンク集

・宇宙科学研究所 小惑星探査機「はやぶさ2」

・JAXAはやぶさ2プロジェクト

・ファン!ファン!JAXA!

・「はやぶさ2」ミッションスケジュール(暫定)

・Haya2NOW(JAXA)
今の「はやぶさ2」がどの局で運用されているかが分かります。

・DEEP SPACE NETWORK NOW(NASA)
米国のDEEP SPACE NETWORKをクリティカル運用で借りた時、Hayabusa2が表示されます。

・小惑星探査機「はやぶさ2」JAXA twitter

・「はやツー君」JAXA twitter

・「はやぶさ2」ファクトシート「小惑星到着直後版」

・小惑星Ryugu情報(JPL Small-Body DB)(NASA)
show orbit diagramをクリックすると、その日の小惑星リュウグウの位置を図示します。

・はやぶさ2画像のサイエンス解説(東京大学)

・会津大学発の宇宙ソフトを世に出そう!

宇宙情報科学クラスター(ARC-Space)

はやぶさ2と会津大学 トピックス         一覧を見る


2018年07月19日 NEW 小惑星探査機「はやぶさ2」の記者説明会 ※ファン!ファン!JAXA!(JAXA TV)


2018年07月11日 「リュウグウの形状モデル初期バージョンが完成」※JAXAウェブリリース

平田成上級准教授がリーダーとして参画しているリュウグウの形状モデル作成の最初の成果が公開されています。


2018年07月11日 「ホームポジションから見たリュウグウ」※JAXAウェブリリース

本田親寿准教授らが参画する光学航法カメラONC-Tの画像(6/30撮影、距離20km)


2018年07月10日 「これがリュウグウ - 3Dで見る全体像」※JAXAウェブリリース

本田親寿准教授らが参画する光学航法カメラONC-Tの画像(6/23撮影、距離40km)に基づく3D動画です。赤青メガネで御覧ください。


2018年07月06日 「はやぶさ2」※福島民報社 あぶくま抄


2018年07月04日 「ブライアン・メイさんによる小惑星リュウグウのステレオ視画像」

本田親寿准教授らが参画する光学航法カメラONCの画像が使われています。赤青メガネでも御覧ください。


2018年06月29日 「2018年6月27日、午前9時35分(日本時間)、リュウグウ到着!」

本田親寿准教授らが参画する光学航法カメラONCが6/26に撮影した画像が公開されています。


2018年06月28日   「はやぶさ2」支える会津大学の技術 小惑星りゅうぐうに到着 ※福島テレビ


2018年06月28日   「はやぶさ2小惑星到着 開発に協力、心躍る会津大チーム」

※福島民友新聞社 みんゆうNet


2018年06月27日 「日本惑星科学会「はやぶさ2」の小惑星リュウグウ (162173 Ryugu) 到達成功に関する声明」

会津大学スタッフには現在8名の正会員がおり、指導学生らと共に「はやぶさ2」をはじめとした深宇宙探査に参画しています。日々、宇宙惑星情報学・月惑星科学に取り組んでいます。


2018年06月27日   2018年6月27日10:45[発表]小惑星探査機「はやぶさ2」の小惑星Ryugu到着について

※JAXAプレスリリース


2018年06月27日  「小惑星探査機「はやぶさ2」の小惑星Ryugu到着について」※JAXAウェブリリース


2018年06月26日  「レーザー高度計LIDAR初測距!」※国立天文台RISE月惑星探査検討室 twitter

平田成上級准教授らが参画するレーザー高度計が初めて小惑星Ryuguを捉えました。写真右端の国立天文台松本晃治准教授は、国立天文台と会津との教育連携協定に基づいて大学院講義を担当されています。


2018年06月25日  「約40kmの距離から見たリュウグウ」※JAXAウェブリリース

2018年06月21日  「220~100kmの距離から見たリュウグウ」※JAXAウェブリリース

2018年06月19日  「330~240kmの距離から見たリュウグウ」※JAXAウェブリリース

2018年06月16日  「約700kmの距離から見たリュウグウの自転のようす」※JAXAウェブリリース

2018年06月14日  「920kmの距離から見たリュウグウ」※JAXAウェブリリース

2018年06月11日  「1500kmの距離から見たリュウグウ」

本田親寿准教授らが参画する光学航法カメラONCの成果です。


2018年06月08日  「LIDARを約2年ぶりに立ち上げました」

平田成上級准教授らが参画するレーザー高度計の状況です。


2018年06月07日  「2600kmの距離から見たリュウグウ」※JAXAウェブリリース

本田親寿准教授らが参画する光学航法カメラONCの成果です。


2018年06月01日  「第10回月惑星探査データ解析実習会を終えて」

出村ほか(2018) 日本惑星科学会誌遊星人 Vol. 27, No. 2, pp.99-102

出村裕英教授・平田成上級准教授・小川佳子上級准教授・仲内悠祐PDが共著です。

※実習会のページ


2018年03月19日  「ARC-Spaceのソフトウエア公開が始まりました」

観測機器視野・探査機位置可視化ツール"HARMONICS"および不規則形状小天体向け三次元地理情報システム"AiGIS"など。


2017年09月01日  「火の鳥「はやぶさ」未来編 その13 ~ LSS訓練:ひと月で小惑星の特徴を把握し試料採取地点を絞り込め~」

石原ほか(2017) 日本惑星科学会誌遊星人vol.26, no.4 pp.139-143

平田成上級准教授・北里宏平准教授が共著です。


2017年03月01日  「火の鳥「はやぶさ」未来編その12 ~ 小惑星の形状を調べる~」

平田ほか(2017) 日本惑星科学会誌遊星人vol.26, no.3 pp.97-104

形状モデリングチーム代表の平田成上級准教授が書いています。


2016年09月01日  「火の鳥「はやぶさ」未来編 その11 ~小惑星の内部構造を探る~」

竝木ほか(2016) 日本惑星科学会誌遊星人vol.25, no.3 pp.108-114

竝木則之会津大学大学院特任教授および平田成上級准教授が共著です。


2016年07月04日  「会津から宇宙へ」

出村(2016) 福島の進路pp.57-61

「はやぶさ」「はやぶさ2」プロジェクトからの応援メッセージについて末尾で紹介。


2016年06月01日  「遊星百景「私のお気に入りの地形」その4 ~ Asteroid 25143 Itokawa ~」

出村(2016)日本惑星科学会誌遊星人vol.27, no.2, pp. 99-102
はやぶさ初号機の形状モデリングを担当した出村教授が小惑星イトカワの形について解説しています。


2015年12月01日  「第8回月惑星探査データ解析実習会を終えて」

本田ほか(2015)、日本惑星科学会誌遊星人 vol. 24, No. 4, pp. 348-350

本田親寿准教授・平田成上級准教授・出村裕英教授・小川佳子上級准教授・北里宏平准教授らが共著です。

※実習会ページ ※併催の国際WSページ