平成22年度「大学生の就業力育成支援事業」に採択

文部科学省が実施する、平成22年度「大学生の就業力育成支援事業」に会津大学の下記取組みが選定されました。

申請概要

テ​ー​マ 平成22年度「大学生の就業力育成支援事業」
タ​イ​ト​ル プロジェクト「起き上がりKOBOSHI」

事業内容

入学から卒業まで一貫した体系的な就業力の育成指導を行い、産業基盤である情報技術をベースとして広い視野と知識を持つ技術者を育成し、学生が自らの社会的・職業的自立(自律的キャリア形成)を図れるように取り組む。主な事業内容は以下のとおり。

PBL(Project-Based Learning)
座学によって得られる専門的知識や技術が、企業等の第一線でどのように活用されるかを学ぶ、就業して役立つ実学的専門教育の場とするIT体験工房を実施し、PBL(企業で行われているソフト開発等を課題として設定し、学生がその課題に取り組む授業)を通して実践的な課題を学生が解決することで、学生の創造性・実践性の向上を図る。
サイバー就活
コンピュータ上に就職に役立つさまざまな情報を集約したシステムを構築し、学生の効率的、効果的な就職活動を支援する。
就業力ポートフォリオ
大学生活を通じて修得した様々な知識や技術が、学生の中で有機的に統合され、大学を卒業した職業人として求められる資質能力が形成されているか、人と人のかかわりの中で学生が自ら確認することを実現する。

事業費(予定)

総額 89,994千円(平成22年度分 19,994千円)

事業年度

平成22年度~平成26年度の5カ年(予定)