平成21年度「地域中核産学官連携拠点」に採択

経済産業省、文部科学省が実施する、平成21年度「地域中核産学官連携拠点」に会津大学が参画している取組みが選定されました。

申請概要

テ​ー​マ 平成21年度「地域中核産学官連携拠点」
タ​イ​ト​ル 福島次世代医療産業クラスター

事業概要

  • 地域の特長や強みを生かし、地域産業の競争力強化や新産業創出による産業構造改革などを目指して産学官連携が行われる拠点であり、世界をリードする医療機器設計
  • 製造ハブ拠点となる基盤作りを目指す。
  • 都道府県及び政令指定都市の指定する中核機関を事業の実施主体とする。
  • 各都市エリアの事業目標、産学官連携実績等に応じて、産学官の連携基盤整備から研究成果の発展的展開まで幅広いメニューで対応。

提案機関

(産)福島県医療福祉機器研究会
(学)日本大学、福島県立医科大学、福島大学、会津大学 
(官)福島県

調整機関

福島県産業振興センター

協力機関

東北大学未来医工学治療開発センター、新潟大学ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー、郡山テクノポリス推進機構、西会津町、日本医療機器学会

事業年度

平成21年~平成22年(2年間)

関連リンク
平成21年度「産学官連携拠点」に係る提案の公募結果について(文部科学省)(公開終了)