カナダ・バンクーバーで開催された今年度のIEMCON(第7回IEEE IT、電子およびモバイルコミュニケーション会議 ※1)で、マイケル・コーエン教授(※2)と、彼が指導しているヘラス・ムディヤンセラゲ・イスル・ニハサァマーナ・ジャヤラシンさん(修士前期課程1年)の論文"Electromagnetics and Control System" track for their paper "Brain ID: Development of an EEG-Based Biometric Authentication System"が"Best Paper Award"を受賞しました。この論文の共著者は、コーエン教授が以前指導し、ジャヤラシンさんのアドバイザーを務めたヘワ・コッテゲ・セナカ・アマラケエルシ博士(平成24年3月修了、スリランカ・セバラガムワ大学 ※3)です。

 この論文では、脳波と機械学習を使用し、脳波データの畳み込みニューラルネット解析を使用してユーザーを認証する方法について説明しています。このプロジェクトは、ジャヤラシンさんは今後の研究のため、このプロジェクトをさらに進めていく予定です。

IEMCON2016.jpg
コーエン教授とジャヤラシンさん

※1 IEEE IEMCON 2016
※2 マイケル・コーエン教授
※3 スリランカ・セバラガムワ大学

このページの内容に関するお問い合わせは「企画連携課 計画広報係」までお願いいたします。

お問い合わせ先メールアドレス
cl-planpr@u-aizu.ac.jp

関連記事