2018年10月17日(水)~21日(日)まで行われた、ワールドロボットサミット2018の中のロボット競技会「ワールドロボットチャレンジ2018」において、トンネル事故災害対応・復旧チャレンジにエントリーした会津大学チーム(REL/UoA)が優勝しました。
災害対応標準性能評価チャレンジにエントリーした会津大学チーム(REL/UoA)は、世界の強豪19チームが参加する中、13位と健闘しました。

<表彰式にて>トンネル事故災害対応・復旧チャレンジ部門で優勝した、REL/UoA
(左から 小川純准教授、神ノ門真吾さん、阿部文明さん)

20181021154629_IMG_7572.JPG

表彰式終了後、残った両チームのメンバーとともに。

DSC00362.jpg

20181022104647.tif

<参考リンク先>

World Robot Summit 2018
http://worldrobotsummit.org/

ワールドロボットチャレンジ2018 表彰式(47分頃から)
https://www.youtube.com/watch?v=rQ6z8DUX9XQ&feature=youtu.be

このページの内容に関するお問い合わせは「復興支援センター」までお願いいたします。

お問い合わせ先メールアドレス
revitalization@u-aizu.ac.jp

関連記事