会津大学では「デュアルウェア講習会」を開催いたします。

会津大学は「産学連携ロボット研究開発支援事業」を実施し、ロボット研究を進めております。この事業は、本学の強みであるICTを活用したロボット開発の技術支援、福島・国際研究産業都市(イノベーション・コースト)構想実現への貢献を目的としています。その取り組みの一環としてロボットに関する講習会を開催しており、今回、「デュアルウェア講習会」を開催することとなりました。

 デュアルウェアとはハードウェア・ソフトウェアの両方のことを意味する造語です。近年、ロボットシステム開発においてソフトウェア開発の重要性が増しているところですが、ソフトウェア、ハードウェアの両方の知識を習得することにより、さらに効率的な開発ができると考えております。講習会ではハードウェアの仕様をソフトウェアに反映させる方法を学んだり、温度センサを使って簡単なIoTシステムを作成します。ぜひ、この機会に皆様のご参加を頂きますようお願い申し上げます。

詳細はこちらからお願い致します。

このページの内容に関するお問い合わせは「復興支援センター」までお願いいたします。

お問い合わせ先メールアドレス
revitalization@u-aizu.ac.jp

関連記事