- ⅱ 学部・博士前期課程5年一貫教育プログラム

優秀な学生がより積極的に大学院進学を目指し、5年で計画的かつ円滑に修士学位を取得できるよう、次の3つのプログラムを用意しています。詳細は、学生課教務係に問い合わせてください。

プログラムの種類

プログラム認定の条件

その他

プログラムA

(4+1)

学部4年

院博士前期課程1年

(1)3年前期終了時点で、卒業要件に含まれる科目で100単位以上修得し、かつGPA3.0以上であること。

(2)卒業論文指導教員からの推薦があること。

(3)学部及び大学院の教務委員会で承認を得ること。

●プログラム認定者の大学院授業科目の履修

左記の条件を満たす者のうち、大学院進学を希望する者で、大学院授業科目の受講を希望する場合は、次のとおり取り扱う。

(1)受講希望者は、一貫教育プログラム認定申請書により申請し、承認を得る。

(2)一貫教育プログラム認定者が受講できる大学院授業科目数は、10単位相当授業科目数以内とする。

(3)大学院授業科目の履修方法については、大学院履修規定等による。

(4)当該授業科目の試験に合格した場合、学部の自由単位として認められる。本学大学院博士前期課程に入学し、大学院学則第28条(入学前の既修得単位の認定)により認定申請し、大学院授業科目の単位として認定を得るものとする。

注1)大学院入学に当たっては、入学者選抜試験を受験し、合格しなければならない。

注2)博士前期課程在学期間短縮申請手続きを参照して手続きを進めること。博士前期課程を1年で修了しない(在学期間短縮しない)場合は、2年修了となる。

注3)修士1年で卒業するためには、プログラム開始後の学部4年次及び博士前期課程在学中の成果としての論文が、主要学術論文又は主要な国際会議の査読付き論文集に筆頭著者として1篇以上掲載又は採択されること。

プログラムB

(3+2)

大学院

早期入学

(B1)

(1)3年前期終了時点で、卒業要件に含まれる科目で100単位以上修得し、かつGPA3.5以上であること。

(2)卒業論文指導教員からの推薦があること。

(3)学部及び大学院の教務委員会で承認を得ること。

注)卒業要件を満たす単位を修得していなくても大学院に進学できるが、本学を退学して大学院入学するため、本学学士の学位は授与されない。

学部

早期卒業

(B2)

(1)3年前期終了時点で、卒業要件に含まれる科目で105単位以上修得し、GPA3.75以上もしくは同等の学力を有すると認められること。

(2)卒業論文指導教員からの推薦があること。

(3)学部及び大学院の教務委員会で承認を得ること。

注1)卒業要件を満たす単位を修得している場合、所要の手続きを経て3年次で卒業(早期卒業)し、学士号が授与される。本学大学院入学試験に合格していなければならない。

注2)4年次開講科目の履修を希望する場合は、プログラム申請時に「上位学年開講科目履修願」を学生課教務係まで提出すること。なお、卒業論文はプログラム認定後に自動的に履修登録される。

学部3年

院博士

前期課程

2年

 5年一貫教育プログラム認定者には、大学院入学後、給付型奨学金支給の制度もあります。詳細については、学生課学生支援係に問い合わせてください。

対象者

5年一貫教育プログラム認定者のうち、以下の要件を満たし、実施要領に基づき申請した者とします。

(1)大学院博士前期課程に進学した者

(2)人物・学業・成績ともに優秀であり、かつ経済的理由により修学が困難な者

(3)他の給付型奨学金を受給していない者

このページの内容に関するお問い合わせは「学生課 教務係」までお願いいたします。

お問い合わせ先メールアドレス
sad-aas@u-aizu.ac.jp