生活習慣病

生活の積み重ね、食事・運動・休養・喫煙・飲酒(その生活習慣を作り出す考え方を含む)・ストレスなどの影響で発症・進行する疾患の総称です。長い年月をかけて少しずつ進行していきます。これらの疾患は生活習慣(その生活習慣を作り出す考え方を含む)を変えることで発症を予防できます。

代表的な生活習慣病

糖尿病【2型】・血中脂質異常・高血圧・心筋梗塞・狭心症・脳梗塞・脳出血・癌・高尿酸血症・歯周病

メタボリックシンドローム(代謝異常症候群)

生活習慣病の中で糖尿病、高血圧、血中脂質異常、肥満の危険因子は互いに合併しやすく、これらの集積が心筋梗塞・狭心症・脳梗塞などの心血管疾患よる死亡の危険性を高めます。これらの危険因子の集積状態はメタボリックシンドロームといいます。

健康の流れをみると、

(上流)健康な状態

(中流)内臓脂肪蓄積による危険因子の出現、集積

発病 生活の質の低下(食事制限・運動制限・薬の服用)

(下流)死に至る

となります。この流れを変えるには、危険因子を見つけ、取り除くことが必要です。

メタボリックシンドロームの診断基準

メタボリックシンドロームは世界各国で診断基準が提案されています。これは多くの疾患には人種差があるためです。

日​本 ​N​P​C​-​A​T​P​Ⅲ 国​際​糖​尿​病​学​会
腹​囲 (必須)
男性≧85㎝
女性≧90㎝
男性≧102㎝
女性≧88㎝
(必須)※​1
民族固有の値
脂​質​異​常 高中性脂肪≧150㎎/dl
かつ/または
低HDLコレステロール<40㎎/dl
高中性脂肪≧150㎎/dl
低HDLコレステロール<40㎎/dl
高中性脂肪≧150㎎/dl
かつ/または
低HDLコレステロール<40㎎/dl
血​圧 収縮期≧130㎜Hg
かつ/または
拡張期≧85㎜Hg
収縮期≧130㎜Hg
かつ/または
拡張期≧85㎜Hg
収縮期≧130㎜Hg
かつ/または
拡張期≧85㎜Hg
空​腹​時​血​糖 ≧110㎎/dl ≧110㎎/dl ≧110㎎/dl
判​定 必須項目+その他2項目以上 3項目以上 必須項目+その他2項目以上

※1 民族固有の値として中国など他のアジアでは男性≧90㎝、女性≧80㎝を採用しているところが多い。

生活習慣病・メタボリックシンドロームになりにくい生活習慣

  1. 自分の気持ちをアサーティブ(素直に・率直に相手も自分もWin-Win)に表現する。
  2. 人に認められるのではなく、自分に自信がつく生き方をする。
  3. ストレスを自覚し、対処する。
  4. 身体に良い生活習慣を行う。
    • 6~8時間の適正な睡眠時間の確保
    • 定期的な運動習慣を持つ
    • BMI22を基準に+-10%の適正体重を保つ、又は適正腹囲を保つ
    • 朝食を食べる
    • 夕食は睡眠する2時間前にはすませる
    • 食事内容のバランスを考えて食べる
    • 禁煙
    • 飲酒する場合はビールなら大瓶1本、日本酒なら1合程度にし、休肝日(肝臓)と休膵日(膵臓)を設けよう

このページの内容に関するお問い合わせは「学生課 学生支援係」までお願いいたします。

お問い合わせ先メールアドレス
cl-health-welfare@u-aizu.ac.jp