2021年10月8日(金)~10日(日)の3日間にかけて、南相馬市の福島ロボットテストフィールド でWorld Robot Summit 2020 (WRS2020)福島大会が開催されました。

 会津大学と連携の企業で編成した2チームがロボットの技術やアイディアを競う世界大会(World Robot Challenge)に参加し、それぞれ3位に入賞しました。

 応援・ご協力いただきました皆様、ありがとうございました。

災害対応標準性能評価チャレンジ出場チーム「REL-UoA」

DSC08003s-768x512.jpg

〈最終結果〉3位(WRS実行委員長賞)
〈学 会 賞〉ロボット学会特別賞
〈同時受賞〉審査員特別賞

〈出場チーム〉全6チーム
  REL-UoA(会津大学)...3位
  CIT_Rescue(千葉工業大学)...1位
  Meisei University Rescue Team Japan(明星大学)
  MISORA(南相馬ロボット産業協議会)...2位
  NITRo(名古屋工業大学)
  RoDEP(九州工業大学)
  ※その他、海外からエントリーした4チームは不参加

トンネル事故災害対応・復旧チャレンジ出場チーム「REL-UoA-JAEA」

DSC08018s-768x512.jpg

〈最終結果〉3位(WRS実行委員長賞)

〈出場チーム〉全9チーム
  REL-UoA-JAEA(会津大学)...3位
  Alpaca Robotics(ペルー、University of Engineering and Technology)
  con brio(個人参加)
  Hydragon(千葉工業大学 / ソフトバンクロボティクス)
  MASARU Season 3(個人参加)...2位
  NIIT-BLUE(新潟工科大学)
  ODENS(大阪電気通信大学)
  Rogiken+(東京工業大学)
  TEAM-TNK-ROS(筑波大学)...1位

このページの内容に関するお問い合わせは「復興支援センター」までお願いいたします。

お問い合わせ先メールアドレス
revitalization@u-aizu.ac.jp

関連記事