本学の事務局職員1名が新型コロナウイルスに感染していることが確認されましたのでお知らせします。

1 対象者
 事務局職員(50代・女性・喜多方市居住)

2 症状・経過等
 4月 9日(金) 症状はなく、マスクを着用し、通常勤務。夜に発熱あり。
 4月11日(日) 医療機関を受診し、検体採取。
 4月12日(月) PCR検査の結果、陽性判明。
 ※本日の県の報告に含まれております。

3 現在の状況
 職員は軽症で入院中。なお、学内において濃厚接触者に該当する者はおりませんでした。

4 事案判明後の対応
 「陽性」が判明した職員が在籍していた執務室等を、保健所の指導を受けながら速やかに消毒等を実施するとともに、安全面が確認されるまでの間、当該フロアの業務は停止しております。
 また、学生や教員との接触は確認されていないことから、授業などの教育活動及び研究活動は引き続き行うこととしております。

 地域の皆様にはご心配をおかけし、お詫び申し上げます。今後、改めて感染予防に関する注意喚起を行い、引き続き同感染症の予防と拡大防止に努めてまいります。

 また、感染した職員やご家族等の人権尊重と個人情報の保護にご理解とご配慮をお願いいたします。

このページの内容に関するお問い合わせは「企画連携課 計画広報係」までお願いいたします。

お問い合わせ先メールアドレス
cl-planpr@u-aizu.ac.jp

関連記事