2020年1月22日に郡山市で特許庁主催の福島知財活用プロジェクト(※1)の知財セミナーが開催されました。本プロジェクトは昨年度から開始されたもので、今年度の知財セミナーは、福島県の南相馬、会津、白河、郡山の4方部で順次開催されています。

 郡山の知財セミナーでは「はやぶさ2 成功の鍵とふくしまの力」についてのパネルディスカッションが行われ、本学の平田 成上級准教授(※2)がモデレータ(進行役)を務めました。

また、本セミナーでは「リチウムイオン電池がつくる未来」について、2019年ノーベル化学賞を受賞した吉野 彰氏による特別講演が行われました。

FUKUSHIMA_IP01.jpg
パネルディスカッション:平田上級准教授(左端)

FUKUSHIMA_IP02.jpg
松永特許庁長官の講演

FUKUSHIMA_IP03.jpg
吉野博士の特別講演

このページの内容に関するお問い合わせは「企画連携課 連携支援係」までお願いいたします。

お問い合わせ先メールアドレス
cl-innov@u-aizu.ac.jp

関連記事