会津大学の学生食堂と売店に導入された日本初のブロックチェーン技術を用いたデジタル地域通貨「Byacco/白虎(びゃっこ)」のオープニングセレモニーが2020年7月9日(木)学生ホールで行われ、本学の宮崎敏明理事長兼学長、会津若松商工会議所会頭 澁川恵男様、スチューデントライフサポート代表取締役社長 照島敏明様、会津大学客員教授兼AiYUMU取締役 藤井靖史様、ソラミツホールディングス代表取締役CEO 武宮誠様がテープカットを行いました。
 「Byacco/白虎」は、ソラミツ株式会社が持つブロックチェーン「ハイパーレジャーいろは」の技術を活用し、日本初のデジタル地域通貨として会津大学の学生食堂と売店で2020年7月1日(水)から運用を開始しています。

Byacco_01.jpg

Byacco_02.jpg

このページの内容に関するお問い合わせは「企画連携課 計画広報係」までお願いいたします。

お問い合わせ先メールアドレス
cl-planpr@u-aizu.ac.jp

関連記事