ASAは2021年3月17日に学会誌をオンラインで発表し、この学会誌に会津大学のヴィジェガス ジュリアン准教授が中心となって行った研究が掲載されました。
 この論文はロンバード効果(騒音下で現れる発話時の声質や口調の変化)における状況と母語の影響について報告したものです。

20210317JASA.jpg

学会誌の詳細
名称:米国音響学会誌(JASA)
出版日:2021年3月17日

掲載された論文の詳細
題名:Effects of task and language nativeness on the Lombard effect and on its onset and offset timing
著者:ヴィジェガス ジュリアン (コンピュータ芸術学講座)
パーキンズ ジェレミー 、ウイルソン イアン (語学研究センター)
論文へのリンク: https://asa.scitation.org/doi/abs/10.1121/10.0003772

The Journal of the Acoustical Society of America(JASA)は、1929年の創刊以来、「音」という幅広い分野における理論的・実験的な研究成果を掲載しており、物理学者、生命科学者、エンジニア、心理学者、生理学者、建築家、音楽家、音声コミュニケーションの専門家の主要な情報源となっています。

"impact factor - 1.780 / 過去5年間 - 1.908"
詳細は https://asa.scitation.org/journal/jas をご覧ください。

このページの内容に関するお問い合わせは「企画連携課 計画広報係」までお願いいたします。

お問い合わせ先メールアドレス
cl-planpr@u-aizu.ac.jp

関連記事