001.jpg

日本時間2020年12月6日未明、「はやぶさ2」の再突入カプセルが、オーストラリア南部の砂漠地帯に落下する予定です。
 再突入カプセルには、はやぶさ2が小惑星「りゅうぐう」で採取した砂等のサンプルが入っているとみられ、私たちが住む地球を含む太陽系の起源や進化、生命の原材料物質がどこから来たのかなどを解明する鍵となることが期待されています。
 はやぶさ2は、12月5日夕方地球から約20万キロメートルの位置で再突入カプセルを切り離した後、新たな小惑星探査ミッションに旅立ちます。
 会津大学宇宙情報科学研究センター(ARC-Space)では、再突入カプセルの帰還に合わせて、下記のとおりオンライン講演会を開催いたしますので、是非、ご聴講ください。
 なお、ご聴講は先着100名様で、事前のお申込みが必要です。「4申込方法」に従いお申し込みください。

1 日時 令和2年(2020年)126日(日) 15:0017:00

     ※講演会はオンラインビデオツール『zoom』を使用します。

2 講師 会津大学宇宙情報科学研究センターセンター長・教授 出村 裕英

3 内容

 ・「はやぶさ2」の今回のミッションの振り返り    

 ・「はやぶさ2」と会津大学との関わり

 ・「はやぶさ2」のMade In Fukushima

 ・「はやぶさ2」のこれから

4 申込方法

  専用の申込フォーム(下のアドレスまたはQRコード)にてお申し込みください。

https://docs.google.com/forms/d/1DPmcpktOMYPwMI9EniczpwjLo8vn3AYeFyB3uv_cAMY/edit

002.jpg

※ 申込期限 2020124日(金)16:00到着分まで(定員:先着100名様)

 期限前でも定員に達した場合は申し込みを締め切りますのでご了承ください。

このページの内容に関するお問い合わせは「企画連携課 連携支援係」までお願いいたします。

お問い合わせ先メールアドレス
cl-innov@u-aizu.ac.jp

関連記事