会津大学の木原 浩上級准教授の120ページの長編論文が、アメリカ数学会(※1)が出版するMemoirs of the American Mathematical Society(※2)に掲載決定しました。

学会誌の詳細
名称:Memoirs of the American Mathematical Society
掲載予定日:未定 (正式受理済)

掲載された論文の詳細
題名:Smooth Homotopy of Infinite-Dimensional C^∞-Manifolds
著者:木原 浩 (数学物理学基礎講座群)
論文へのリンク
※この論文は、D. Quillen(ダニエル・キレン アメリカのフィールズ賞受賞者)のモデル圏の枠組みと diffeological space(微分空間)の概念を用いて微分可能写像を扱う為のホモトピー論を構築し、それを無限次元微分可能多様体に応用したものです。(通常のホモトピー論は、位相空間と連続写像を扱うものなので、この論文の主要部分では、無限次元微分可能多様体と微分可能写像を扱えるホモトピー論を構築しています。)

このページの内容に関するお問い合わせは「企画連携課 計画広報係」までお願いいたします。

お問い合わせ先メールアドレス
cl-planpr@u-aizu.ac.jp

関連記事