2020年3月19日(木)14:00より、会津若松市のスマートオフィスAiCTの交流棟において、AIと知財の調査報告会を開催します。今回の調査は、会津若松市からの奨学寄附金を活用し、会津大学が主体となり実施したものです。本報告会では、会津大学の岡裕之上級准教授、創成国際特許事務所の佐藤辰彦弁理士、特許庁の赤穂州一郎企画調査官が、それぞれ講演を行います。参加費無料ですので、知財を研究やビジネスに活かしたい方など、ご関心のある方は是非ご参加下さい。

 日 時:2020年3月19日(木)14:00-15:30(受付開始 13:30)

 場 所:スマートシティ AiCT交流棟 
     (会津若松市東栄町1-77)

 参加費:無料(事前申込が必要)

申込方法など詳細は以下のチラシをご参照下さい。

20200319AiCTr1.jpg

調査報告会チラシ(PDF)

報告会プログラム
14:00-14:30 調査報告の概要 会津大学 上級准教授 岡 裕之
14:30-15:00 福島県内企業の知財活用 創成国際特許事務所 会長 佐藤 辰彦氏
15:00-15:30 特許庁等の知財施策・支援 特許庁 普及支援課企画調査官 赤穂 州一郎氏

このページの内容に関するお問い合わせは「企画連携課 計画広報係」までお願いいたします。

お問い合わせ先メールアドレス
cl-planpr@u-aizu.ac.jp

関連記事