2019年7月12日(金)に、ACM-ICPC 2019(国際大学対抗プログラミングコンテスト2019)(※1)の国内予選がインターネットを介して行われ50チームが上位大会に選抜されました(※2)。

 会津大学競技プログラミング部(※3)は、チーム「UKUNICHIA」が10位(大学別4位/101大学、1.東大、2.京大、3.東北大、4.会津大)の成績を収め、また、チーム「MM」も46位で予選を突破しました。2チームは、11月16~18日に開催されるACM-ICPC 2019アジア地区横浜大会に出場します。

ICPC2019AsiaYokohamaQualifying.jpg

○チーム「UKUNICHIA」(10位/495チーム)
中村 朗(博士前期課程1年)松川 寿人(学部2年)大橋 宏紀(博士前期課程1年)
渡部有隆(コーチ)

○チーム「MM」(46位/495チーム)
白井 友貴(学部4年)佐藤 孝紀(学部3年)仲田 勝太(学部3年)
渡部有隆(コーチ)

<チーム「UKUNICHIA」のコメント>
国内予選を無事に突破することができ大変嬉しく思います。世界大会出場を目標にチーム一丸となってがんばります。

<チーム「MM」のコメント>
国内予選を突破することができて大変嬉しいです。アジア予選を楽しんできます。

関連記事