会津大学競技プログラミング部(※1)のチーム「UKUNICHIA」が、2019年11月8日(金)〜11月10日(日)にマレーシアで開催されたACM-ICPC2019アジア地区クアラルンプール大会において2位に入賞、さらに、2019年11月16(土)~18日(月)に開催された 同アジア地区横浜大会では4位 (日本の大学では2位)に入賞しました。

 これらの好成績により2020年に開催される世界大会(※2)への進出が期待されます。
ACM-ICPC2019の世界大会進出チームは、2020年1月頃に下記webページで発表されます。
http://blog.sina.com.cn/cjhwang

KualaLumpur2019.jpg
「UKUNICHIA」の3人 (クアラルンプール大会)

Yokohama2019.jpg
同 (横浜大会)

○チーム「UKUNICHIA」
中村 朗(博士前期課程1年)、松川 寿人(学部2年)、大橋 宏紀(博士前期課程1年)、

コーチ渡部有隆(データベースシステム学 上級准教授)(※3)

このページの内容に関するお問い合わせは「企画連携課 計画広報係」までお願いいたします。

お問い合わせ先メールアドレス
cl-planpr@u-aizu.ac.jp

関連記事