2021年6月10日(木)、本学のハマダ・モハメド上級准教授()が共同執筆した論文が、第3回ETLTC2021- ACM Chapter International Conference on Information and Communications Technologyにおいて最優秀論文賞を受賞しました。

受賞論文タイトル:
A Contemporary Machine Learning Method for Accurate Prediction of Cervical Cancer
(子宮頸がんの正確な予測のための現代的な機械学習法)

著者:
Jesse Jeremiah Tanimu,
Mohamed Hamada, ()
Mohammed Hassan,
Saratu Ilu Yusuf,

20210611 Prof HAMADA.png

※画像をクリックすると、拡大画像がポップアップで表示されます。

(掲載日:2021年6月15日)

このページの内容に関するお問い合わせは「企画連携課 計画広報係」までお願いいたします。

お問い合わせ先メールアドレス
cl-planpr@u-aizu.ac.jp

関連記事