会津大学の『「全国高等学校パソコンコンクール」(※1)の開催を通じた将来のICT分野を担う人材の育成』の業績により、公益社団法人日本工学教育協会から第23回(2018年度)工学教育賞における文部科学大臣賞(※2) (※3)の受賞が決定しました。
なお、2019年9月4日(木)に開催される日本工学教育協会第67回年次大会にて表彰式が予定されています。

工学教育賞は、様々な手法や観点により優れた工学教育を推進・実践している個人・団体に工学教育賞を授与して顕彰しており、工学教育へ関わる多くの方々の意識・意欲の向上も目指しています。

Japanese Society for Engineering Education.jpg

パソコン甲子園は、2003年(第1回大会)から2018年(第16回大会)までの間の大会参加者延べ人数は、全部門の合計で23,899名にのぼり、高度なプログラミングスキルを有する生徒を輩出し、ICT人材のすそ野を広げ、コンピュータサイエンスの発展に貢献していることが評価されたものです。

PC-concours_2003to2016.jpg

関連記事