2021年9月7日 

 学生の皆様へ

公立大学法人会津大学理事長 

10月以降の授業等の実施形態及び9月の集中講義について

 このことについて、全国的に新型コロナウイルスの感染が拡大していることを踏まえ、下記の期間における授業について遠隔で実施しますのでお知らせいたします。

1.遠隔授業実施期間

 2021年104日(月)~20211015日(金)

 ※一部対面授業となります 4.(1)、(3)参照

2.会津等の自宅への帰宅及び健康観察重点期間

 2021104日(月)までに、会津等の自宅に戻って来てください。

 遠隔授業実施期間を健康観察重点期間とし、体調管理に気を付け、1019日(火)からの全面対面授業開始に備えてください。

3.遠隔授業実施期間終了後の授業実施形態

(1)1019日(火)からは、対面授業とします。
ただし、県等から不要不急の外出の自粛要請等がある場合は、遠隔授業を継続することがあります。その際は別途お知らせします。

(2)大学院の授業に限り、県等からの不要不急の外出の自粛要請の有無に関わらず、当分の間、教員の判断により遠隔授業の実施を可能としています。

4.連絡事項

(1)学内機器を使用する実験など遠隔では実施できない場合に限り、感染防止の措置を講じた環境の下で、対面授業とします。

(2)各授業の実施形態については、担当教員より連絡がありますのでご確認ください。

(3)卒業論文指導等について、対面で実施する場合は担当教員より連絡がありますのでご確認ください。

(4)自宅で遠隔授業の受講環境が整っていない場合は、学内の空いている演習室のコンピュータや割り当て教室に持ち込んだパソコンでの受講ができます。

(5)当該期間は、学内への立ち入りを禁止するものではありません。

(6)健康観察シートへの記入を徹底し、常に携帯してください。特に、感染リスクの高い地域に移動した場合や帰省先から会津に戻った場合などは、体調管理に十分留意し、風邪等の症状がある場合には大学に来るなどの外出は厳に慎んでください。

5.遠隔授業受講時の注意事項

(1)割り当て教室、演習室等で学生のみで遠隔授業を受講する場合には、隣接して座らず1席空けて使用してください。また、パソコンのモニターに「×」印が貼ってある席は使用禁止です。マスクの着用と手指消毒等の感染対策を徹底したうえ密を避けてください。

(2)友人宅などから複数名で受講することは避けてください。

(3)実技や実験等の授業が対面で、前後の授業が遠隔である場合は、自宅等から大学までの移動が必要となります。必要に応じて、遠隔授業を学内の空いている演習室のコンピュータや割り当て教室に持ち込んだパソコンでの受講を検討してください。

6.今後9月に実施される集中講義

(1)遠隔授業とします。

    ただし、次の場合は感染防止の措置を講じた環境の下で、対面授業を可能とします。

    a 学内機器を使用する実験など遠隔では実施できない場合

    b 非常勤講師など、急遽の遠隔授業の対応が困難な場合

    c 履修者が20名程度で少人数の場合

(2)各授業の実施形態については、担当教員より連絡がありますのでご確認ください。

  (連絡先:学生課教務係 E-mail: sad-aas@u-aizu.ac.jp

このページの内容に関するお問い合わせは「学生課 教務係」までお願いいたします。

お問い合わせ先メールアドレス
sad-aas@u-aizu.ac.jp

関連記事