2019年8月19日(月)から22日(木)まで、会津大学にて「コンピュータサイエンスサマーキャンプ会津大学2019」()を開催しました。今年で23回目となるサマーキャンプには全国から中・高校生64名が参加し、3つのコース(Cプログラミング基礎、JavaScriptゲームプログラミング、3DCG)に分かれてプログラミングなどを学びました。
 初心者も多い受講生たちは、会津大学生インストラクターの指導の下、それぞれの習熟レベルに応じてコンピュータ技術を学び、最終日には各コースで4日間を通して学んだ成果を発表しました。

 また、キャンプ期間中の宿泊場所として利用した芦ノ牧温泉「大川荘」では、受講生が一堂に会する交流会を開催し、親睦を深めました。

CSSC2019_001.jpg
修了証書授与(受講生代表)
CSSC2019_002.jpg
受講生感想発表(中学生、高校生代表)

 

CSSC2019_003.jpg
記念撮影
CSSC2019_004.jpg
「大川荘」での交流会

 

<参加者のコメント>

〇初心者だったが、濃い3日間の講習で一人でプログラミングが出来るようになった。楽しかったので、来年も参加したい。(Cプログラミング基礎コース・高校2年生 男子)

〇まったくの初心者だったので、初めは戸惑ったが、だんだん面白くなってきた。会津大学の受験を考えている。(JavaScriptゲームプログラミングコース・高校3年生 男子)

〇初心者で、初めはパソコン操作に戸惑ったが、コツをつかめたら楽しくなった。来年も参加したい。(3DCGコース・高校1年生 女子)

このページの内容に関するお問い合わせは「企画連携課 計画広報係」までお願いいたします。

お問い合わせ先メールアドレス
cl-planpr@u-aizu.ac.jp

関連記事