2020年3月19日(木)、会津大学講堂にて2019年度学位記授与式が開催されました。コンピュータ理工学部卒業生197名、大学院博士前期 課程修了生54名、大学院博士後期課程修了生2名の計253名が、それぞれの進路で社会への貢献を目指します。
 授与式では岡嶐一学長が学部卒業生総代の仁井田義隆さん、博士前期課程修了生総代の園家俊さんのそれぞれに学位記を授与しました。岡学長の式辞の後、在学中に優秀な成績や研究の成果を収めた学生の表彰が行われました。答辞では、学部卒業生代表の仁井田義隆さんが「この会津大学で学んだことを非常に誇りに思うと同時に、地域社会・国際社会に貢献できる人材になれるよう日々邁進していく所存です。」と誓いました。
 今年度は、新型コロナウイルスの感染拡大防止という観点から規模を縮小し、卒業生・修了生のみが参加する形で行いました。
また、学位記授与式終了後に予定しておりました卒業記念パーティーは、中止となりました。
 なお、学生表彰の表彰内容は下記のとおりです。

学長賞 仁井田義隆 (学部)
園家俊(博士前期課程)
優秀賞 星桃子(学部)
小笠原匠(学部)
室井孝太(博士前期課程)
公益財団法人会津地域教育・
学術振興財団表彰
廣田智也(学部)
納谷かごめ(博士前期課程)
電子情報通信学会東北支部表彰 桑名絢士(学部)
情報処理学会東北支部学生奨励賞 粟森達朗(学部)
電気学会東北支部優秀学生賞 春日勇太(学部)
20200319_01.jpg
20200319_02.jpg

 

20200319_03.jpg
20200319_04.jpg

 

20200319_05.jpg
20200319_06.jpg

 

2019年度学位記授与式 式辞

20180327_09s.jpg

 この会津の地においても冬の季節が去り、春の到来を間もなく迎えようとしています。そして皆さんには、春の到来の喜びにも増しての、喜びである学位記授与式をここに迎えました。本日、学位記を授与される学生は、学部197名、大学院博士前期課程54名、大学院博士後期課程2名の皆さんです。誠におめでとうございます。
 本日は、教職員ともども、皆さんの卒業・修了を祝したいと思います。そして、誰より、ご家族を始め、皆さんをこれまで、 様々に、目に見えること、目に見えないところで、支えてこられた方々が、今日の日を心から喜んでおられると思います。大学として、関係者の皆様方のこれまでのご支援に、深謝いたします。
 さて,皆さん、この会津は昨年、戊辰戦争150周年を迎えました。戊辰戦争では、会津は薩長を中心とする政府軍に負けました。会津は,政府軍の最新武器というreality にかないませんでした。その最新武器と言っても、アメリカの南北戦争で使ったものの中古品です。
 作家の司馬遼太郎によると、戊辰戦争をrealityで勝った政府は、そのreality を、日露戦争まではもちこたえましたが、その後は慢心して、reality を失い、第2次世界大戦では敗退したといっています。
 戦後の日本は、民需品、産業製品の生産と消費、そして輸出というreality で復興をしました。日本は、GNPでは世界の2位となり、1人あたりの所得も世界の上位になりました。しかし、土地や株のバブルを生じさせ、その崩壊以降、時代は、世界のreality が変わってきたのに、その新たなreality を日本が獲得できず,この30年,日本は衰退の一途となりました。この衰退の最大の原因は、世界のディジタル革命というreality の獲得の機会を日本が逸したことです。この状態をそのままにしては、日本の現在の衰退が止らないことなります。日本における貧困の問題は、あらゆるところで顕在化するまでになっています。
 ここにおいて、ディジタル革命の中心はソフトウエアであり、それはあらゆる産業分野に広がりをもっているものです。皆さんは、卒業後、これまでよりも先進的なディジタル革命を、新たなreality と見定め、それを日本が獲得できるようにする責任を担う人材になれる可能性が高いのです。つまり、会津大でIT技術を学んだ皆さんは、日本の復興,復権を担うため、世界で戦えるディジタル革命の前線に,否応なく,立たされることを、あるいは自発的に立つ自覚をしてください.もちろん、皆さんが目指すべき、このディジタル革命は、日本に留まらず、世界的な視野の中にあるものです。技術の評価は国内のみでなく、国際的にされるものです。その意味で、競争相手は世界中にいるのです。
 また一方、神は細部に宿るといいます。この革命は細部から始まる、あるいはすでに始まっていると思ってください。技術の発展の歴史を学び、目標は高くもっても、日々に地道な仕事をし続け、その試行錯誤と悪戦苦闘を通じて目標が達成されるものです。悪戦苦闘の最中は苦しいものですが、できるだけ意識的に、楽観的な希望をもってしなやかに対処して欲しいと思います。
皆さんが社会で活動を始める出発点となる、今日の卒業を祝し、また、卒業後の皆さんの健闘を期待し、本日の式辞とします。卒業、おめでとう。

 

2020年3月19日
会津大学 学長  岡 嶐一

 

このページの内容に関するお問い合わせは「企画連携課 計画広報係」までお願いいたします。

お問い合わせ先メールアドレス
cl-planpr@u-aizu.ac.jp

関連記事