ベンチャー体験工房5 環​境​情​報​サ​ー​ビ​ス
本工房では、我々を取り巻く自然環境(大気環境・水環境)のモニタリング、変動予測を行 い、その情報を、市民・団体・行政の様々なレベルで活用できるように加工し配 信するシステムの構築を目指します。
グループ1では、気象センサ・アメダス等による気象モニタリングと気象シミュ レーションによる気象予測を行います。また、PCおよびiPad/iPhone/Android携 帯端末を通じたデータ収集や、情報配信システムなどの構築も行います。
グループ2では、会津地域の猪苗代湖等の湖沼や河川の水環境モニタリングやシ ミュレーションを行います。また、グループ1と連携して、台風や豪雨時におけ る代表河川の水量予測手法を開発し、警報・警告システムの構築を目指します。

平成24年10月

前期からの引き継ぎを行い、新たな気象予測や気象情報を提供するサービスを考えました。気象情報を提供するためiPhone アプリ作成のアドバイスをTA から受けています。
それから、受講生が気象用語や気象の知識を勉強しました。先生からの直接的な講義や気象の参考書を用いた勉強を行いました。
また、前期の工房で行ったことや過去に工房で作成したアプリの改良・改善案などを議論しました。後期の工房を今後どのように進めていくかなども話し合いました。

kobo5-2012101.jpg

kobo5-2012102.jpg

kobo5-2012103.jpg

このページの内容に関するお問い合わせは「学生課 教務係」までお願いいたします。

お問い合わせ先メールアドレス
sad-aas@u-aizu.ac.jp