2016年12月14日

No.6 12月号を発行しました。

No6 SGU KAWARABAN Dec 2016.pdf

Issue & Task
<シラバスの英語化にご協力ください>
11月30日の教授会でシラバス作成要領について報告がありましたが、本学SGU構想の実現のためにも、平成29年度のシラバス英語化をお願いいたします。留学生が不自由なく履修計画を立てられるよう、そして、海外の学生が会津大学に入学を希望する一助となるよう、是非ご協力をお願いいたします。平成29年度に会津大学SGU構想の中間評価があり、平成26年度(1年目)から平成28年(3年目)までの3か年の成果を文部科学省に報告します。シラバス英語化の実施率は評価指標のひとつになっています。

TOPICS

<香港における留学生募集>

日程:2016年11月17日~19日・23日
メンバー:程 子学 副学長、山内 和昭 学生部副部長、呉 一郎 客員研究員
スケジュール:
(1)17~18日・23日 香港の7つの高校を訪問
(2)19日「平成28年度日本留学大学フェア」ブース出展
(3)23日 会津大学に興味のある香港の高校生6名にグループ面談
成果:
1) 日本への留学を希望している高校生の特徴
 親日である。
 英会話能力が高い。
 高校で理系を学ぶ女性の割合が高い。
 生活水準が他のアジア諸国と比較して高い。
2) 香港における大学進学の特徴
 大学の数が限られており、大学進学希望者の約1/4の学生しか香港の大学に入学できない。
 優秀な学生でも大学に入学するチャンスが少ない。
 香港の大学に入学しない場合は、短期大学進学、専門学校進学、海外留学の選択肢がある。
3) 香港の試験制度
 HKDSE(Hong Kong Diploma of Secondary Education:香港中學文憑)という高卒資格取得と大学入試の二つを兼ねた統一試験がある。
 HKDSEは、複数の海外大学や一部の日本の大学において入試の応募条件として導入済である。
 HKDSEは、現在の本学のICT Global Program(ICTG)応募条件に適用されていない。
 香港の高校生や教員から、会津大学の応募条件にHKDSEを導入してほしいとの強い要望があった。

Information

<グローバルラウンジで英会話を楽しんでいます>
日 時:毎週火木金のランチタイム
参加者:日本人学生、留学生
内 容:・予約不要、飛び入り参加OK。
・ 英語が堪能なTA/SAがファシリテートします。
・ 英語が苦手な学生も安心して参加できます。
・ 学生主体で行っている活動なので、評価や間違いを気にして緊張したりする必要も無く、気軽に英語で話が出来ます。
・ 英語を上達したいと思っている学生、留学に行く・行きたい学生、留学生等に是非参加を呼び掛けてください。
・ 12月15日(木)にはクリスマスイベントもあります。

このページの先頭へ