2019年05月24日

No.21 2019年春号を発行しました。

no21_sgukawaraban_spring_2019.pdf

TOPICS

<ICTGコースに日本人学生が在籍できるようになりました>
2019年4月から、ICTグローバルプログラム全英語コース(ICTGコース)に、日本人学生が在籍できる要綱が策定されました。ICTGコースは、英語で講義・演習を受けることで学部を卒業するプログラムです。
  • 留学生と日本人学生が英語で一緒に授業を履修します。
  • 学修を通した異文化交流が生まれます。
  • 在籍開始時期:2年次Q1またはQ3から
  • 申請:在籍届を学生課教務係に提出
ICTGコース在籍メリット
  • 英語でコンピュータサイエンスを学ぶ!
  • 英語によるコミュニケーション能力の向上!
  • 留学生と友達に!
  • 国際的な環境に慣れる!国際理解が深まる!
  • 大学院進学希望者・オナーズプログラム一貫型参加希望者:早期に英語環境に慣れる!
  • 海外留学・海外インターンシップ参加希望者:より実践的な英語力を身につけることができる!申請時や面接時にアピール!
4月16日に2年生を対象としてガイダンスを開催したところ、さっそくコース在籍届を提出した学生がいました。参加者の多くは、短期留学やバディを経験した学生でした。
Issue & Task
ICTGコースへの日本人学生在籍は、会津大生のグローバル化と技術力獲得、会津大学の教育の質の向上、会津大学の教育のPRに大きく貢献すると考えています。また、SGU事業における4年目中間評価の文科省からの指摘事項「留学生と日本人学生の学修を通した交流の増加」と「日本人学生の英語能力向上」を解決する施策です。
Information
<異才発掘型:オナーズ活動費取得事例>
Voice
<中国・大連SOVOプログラム実施>
<日本語講師の紹介>
このページの先頭へ