概要

現在の上肢義足は、手の開きや接触力などの重要な情報が不足しているため、切断者に高品質の制御を提供していません。
切断や神経障害を持つ人々の手の機能の動きを復元するために、神経形態回路による生物学的信号弁別に基づく感覚運動統合と触覚センシングを備えた新しい適応型義手とロボットの手を調査します。
ニューロモルフィック回路とシステムコンポーネントの開発に加えて、ここでの主な焦点は、神経系が身体や環境との密接な相互作用に関与するサイバネティックアクションチェーンに統合されたニューロモルフィックエージェント(つまり、手、記憶)の構築と分析です。
関連資料を参照してください.

講座・グループ

研究カテゴリー

活動分野
ロボット 医療 組込み機器
関連キーワード