概要

現在の身体動力式または筋電式の上肢プロテーゼは、感覚フィードバックがないため、切断者にパフォーマンスと高品質の制御を提供していません。 感覚運動統合と触覚センシングを備えた高度な義手を調査します。 新しいプロテーゼは、切断や神経障害の手の機能の動きを回復するために、ニューロモルフィック回路による生物学的信号の識別に基づいています。 ニューロモルフィック回路とシステムを使用して、上肢義足のパフォーマンスと制御を改善するソリューションの開発を目指しています。 このソリューションは、感覚情報(痛みや触覚など)を電気刺激パルスとしてエンコードして、自然な感覚を復元します。

講座・グループ

研究カテゴリー

活動分野
ロボット 医療 組込み機器
関連キーワード