概要

粒子シミュレーションでは、様々な流体を粒子(ボール)の集まりとして考えます。たくさんのボールがバネでつながっているところを想像してみてください。このボールの集団を引っ張ると、バネの力で元に戻ろう(復元しよう)とします。この「バネの法則」を変化させることで、様々な流体をシミュレートする(模擬する, まねる)ことができます。この手法により、水や油などの身近な液体から、宇宙に存在する高温プラズマまで様々な物質をシミュレーションすることができます。

    |TAB|
  • 実例1:流れのシミュレーション
    |TAB|「法則」を変えることで、水のような流体を粒子の集まりとしてシミュレーションできます。これにより、海や川の様子や、ダムの設計等への応用が可能です。
  • |TAB|
  • 実例2:宇宙の構造
    |TAB|広い宇宙に存在する物質の多くは非常に高温なため、原子から電子がはがれて、プラズマになっています。プラズマも粒子の集まりとしてシミュレーションできます。その動きや様子をシミュレーションすることで、宇宙の進化を調べることができます。プラズマが互いに引き合い太陽などの恒星が誕生し、その周りには、温度の低下によりプラズマが気体、液体、固体と変化し、それらから地球や月が生まれました。このように、粒子シミュレーションは、宇宙の謎を解明するためにも使われています。

講座・グループ

研究カテゴリー

活動分野
シミュレーション
関連キーワード