概要

私たちの研究の主要な目標は、次世代ブロードバンド光アクセスネットワークのための新しい多重化通信技術の開発と機能解析です。時分割多重(TDM)や波長分割多重(WDM)などの従来の多重技術より多くの利点を持っていると立証されていて、多くのユーザのための完全に非同期なアクセスとの超高速接続や、より少ないネットワークコーディネートや、強いセキュリティなどの特長を持つ符号分割多重光通信(光CDM)の技術に、私たちは特に焦点を合わせて研究を進めています。

この研究で解決すべき問題は以下の通りです。

    |TAB|
  1. 様々な条件のもとでシステム性能を分析することによって、アクセスネットワークにおいて、光CDMを採用する要件を特定すること。
  2. |TAB|
  3. システム性能を改良するテクニックとデザインを提案すること。
  4. |TAB|
  5. アクセスネットワークにおいて、最適な性能を達成する光CDMのためのアーキテクチャの設計。
  6. |TAB|
  7. 光CDMアクセスネットワークのデータ・リンク層のためのアルゴリズムとプロトコルを開発すること。

講座・グループ

研究カテゴリー

活動分野
ネットワーク
関連キーワード