概要

〇技術の概要
正規のID、パスワードなしでも悪性ウェブコードを入力することでウェブサイトに侵入し、個人情報の盗難などの攻撃が可能です。このような攻撃に対し、悪性ウェブコードを自動判別して、アクセスの遮断などの対策を可能にする技術です。

〇従来技術・競合技術との比較
既存の手法ではウェブ管理者の予測範囲を超えた攻撃を防ぐことはできませんが、本技術では機械学習を採用することで未知の攻撃を防ぐことが可能になりました。さらに、学習データを用意することにより、瞬時に悪意のある攻撃を動的に識別できます。

〇技術の特徴

    |TAB|
  • ウェブ管理者の予測範囲を超えた、未知の攻撃を防げます。
  • |TAB|
  • 教師データを用意するだけで、各々のウェブサイトに適した分類器を作成できます。
  • |TAB|
  • 単に攻撃を防ぐだけではなく、悪性ウェブコードとそれ以外のコードを判別できます。

講座・グループ

研究カテゴリー

活動分野
ネットワーク
関連キーワード