概要

GPS (Global Positioning System)は測位・航法の技術として最も使われています。同時に、GPS信号は科学技術へも応用されています。
その一つが雨雲の追跡です。この技術は、大気中の水蒸気によってGPS信号は遅延を受けるという事実に基づいています。研究室では、
低コストのGPSチップによる雨雲の追跡技術を探求しています。この研究は福島再生可能エネルギー研究所(http://www.aist.go.jp/fukushima/)との共同研究でもあります。高性能・低性能を含むいくつかの受信機はFREAに設置済みです。研究はそれらの受信機で得られたデータの相互比較、
そして水蒸気量を雨雲へマッピングする機械学習アルゴリズムの開発を含みます。

講座・グループ

研究カテゴリー

活動分野
環境 モデリング
関連キーワード