概要

この研究は、線形システムの安定化保障器をすべて1つのパラメータによって表現し ようというものです。システムに対する全ての安定化保障器を知ってしまうの ですから、そこから、いろいろな応用を考えることが考えることができます。 たとえば、最適化、雑音消去、モデルマッチング問題(他のシステムの模倣)、 などです。 これまでに、我々は、規約分解を用いない安定化保障器のパラメトリゼーションを求める理論 の開発や、含む遅れ演算子した上で、それを含むような安定化保障器のパラメ トリゼーションの求める方法の理論を行なってきました。 我々の結果は、因子分解法と呼ばれる代数を用いたアプローチを用いているこ とにより、いろいろな線形システムに応用することができます。

講座・グループ

研究カテゴリー

活動分野
システム設計
関連キーワード