概要

人感センサー(赤外線センサー)は、人体を「熱源」として、人がいるかいないかを検知する。本研究は複数のセンサーを行列の形に配置(メイン画像を参照)し、特定の領域にいる人の位置、活動パターンを認識する理論と技術を提案する。サブ画像1は7つのセンサーで構成されたセンサーアレーのカバーする領域を示す。この研究プロジェクトに参加することによって、無線ネットワークを構築する技術、データ解析する技術、パターン認識する技術などについて勉強することができ、IT企業で活躍できることを期待する。

講座・グループ

研究カテゴリー

活動分野
知能システム プログラミング 医療
関連キーワード