2021年11月27日(土)に郡山市内で開催された「第4回福島テックプラングランプリ」(※1)において、本学の渡部有隆上級准教授(※2)のチームがダイキン賞を受賞し、矢口勇一准教授(※3)のチームがReal Tech Fund賞を受賞しました。

  ダイキン賞
◯チーム名:e-SmartLearn
◯発表者:会津大学 上級准教授 渡部 有隆
◯テーマ:誰でもスマートに演習教育が受けられる世界を実現する
  Real Tech Fund賞
◯チーム名:U-Aizu YAG LAB
◯発表者:会津大学 准教授 矢口 勇一
◯テーマ:空の自由と安全を担保する分散型無人飛行管理システム

福島テックプラングランプリは、株式会社リバネス(※4)が、福島県から世界を変える研究者・ベンチャーを発掘し、伴走支援していくことを目的に、福島県、アカデミア・コンソーシアムふくしまと連携し行っている事業です。

2021tech01
グランプリファイナリスト(photo by 野木茂之)

2021tech02
渡部有隆上級准教授 (右側)(photo by 野木茂之)

2021tech03
矢口勇一准教授

(掲載日:2021年12月22日)

このページの内容に関するお問い合わせは「企画連携課 計画広報係」までお願いいたします。

お問い合わせ先メールアドレス
cl-planpr@u-aizu.ac.jp

関連記事