「ソフトウェアスタジオ」とは?

  • 学生がソフトウェア開発を実践する授業
    • 顧客のためにソフトウェアを開発
  • ソフトウェア工学領域の課目
    • コンピュータ理工学部の4年生が受講
    • 週2コマ、3単位
    • 受講生の専門領域、経験、スキルは様々
  • 学生5~10人のチームで一つのソフトウェアを開発
    • 企業講師がコーチングとレビューを実施
    • 教員は、主にプロジェクト管理として、指導・補助します

テーマA:「震災遺構画像閲覧支援ソフトウェア」

お客様:福島県立博物館様
http://www.general-museum.fks.ed.jp/

震災遺構の画像の理解から震災・防災への興味・関心を喚起させるために、震災遺構を知ることを支援するソフトウェア

テーマB:「化石観覧支援ソフトウェア」

お客様:お客様:福島県立博物館様
http://www.general-museum.fks.ed.jp/

化石の展示をより主体的に観覧することを支援するソフトウェアの開発

活動内容

  • 4月~7月の期間でチーム毎に顧客の注文を受けて開発する
  • 課題を解決するシステム提案を行い、ユーザフィードバックを受けながら開発
  • 毎週2コマの授業で顧客との打合せを実施、企業講師の助言を得ながら進める
flow.gif
pic_2018_software_01.jpg

チーム分け:Aチーム

pic_2018_software_02.jpg

チーム分け:Bチーム

pic_2018_software_03.jpg

チーム分け:Bチーム

pic_2018_software_04.jpg

現地調査にいきました

pic_2018_software_05.jpg

授業 ~顧客を交えた会議~

pic_2018_software_06.jpg

授業 ~顧客を交えた会議~

pic_2018_software_07.jpg

授業 ~チームミーティング~

pic_2018_software_08.jpg

授業 ~チームミーティング~

pic_2018_software_09.jpg

週間報告 ~進捗状況・デモ~

pic_2018_software_10.jpg

中間報告 ~開発の方向性を確認~

pic_2018_software_11.jpg

中間報告 ~開発の方向性を確認~

このページの内容に関するお問い合わせは「学生課 教務係」までお願いいたします。

お問い合わせ先メールアドレス
sad-aas@u-aizu.ac.jp