概要

〇全ての物質は原子からできており、原子は原子核と電子から成り立っています。原子核は陽子と中性子とから成り、それらはクオークからできていることがわかっています。また、電子やクオークの親戚のような粒子もあることが知られています。それらの間にどういう力が働き、また、さらに小さな構成物質があるのかどうか、もしあれば、それらにはどういう法則に従うのかが研究されています。

〇おもしろいことに、こうした極微の世界は最も大きい宇宙ともつながっていて、宇宙も始めは極小さくて、宇宙全体が原子核の中のようだったと考えられています。また近年では世の中の全てを統一して説明できる可能性のある理論として超弦理論というものが注目されています。

研究カテゴリー

活動分野
その他
関連キーワード