概要

〇QBOとは
データベースの新しい検索方法であり、「オブジェクト単位で検索」や「検索の結果に対してさらに検索指定」ができるため、「認知負担の減少」や「小サイズの端末による表示向け」などの特徴を持っており、 特に地図DB関連情報のサーチに役に立つ。

〇Web と普通のDBの問題点
大抵のアプリケーション(例えば銀行)は、ATMやオフィスなどのサービス場所の位置を示す地図情報を開示している。
しかし、ユーザが現在位置から最も近いサービス場所を探したい場合、多くの銀行が1つのATMを共有すると、情報検索ニーズはより煩雑となり、最も近くにあるATMを探し出すのに一つ一つの銀行のホームページを閲覧するなど、ユーザの負担が大きい。
また、SQL等のDB検索言語に、ユーザに検索のターゲットに関する知識やSQLの文法を知っておく必要がある。

〇SQLと同等なものを簡単にサーチ
ユーザは「国道49号線にあるATMを設置した郵便局や銀行を見つけたい」のように、身近に認知できる複数のオブジェクトの関係に関し検索のターゲットを絞っていくことが望ましい。

研究カテゴリー

活動分野
ソフトウェア
関連キーワード