概要

〇技術の背景
人間の知覚のうち、視覚が占める割合は非常に高いと言われています。これに対して、視覚の果たす役割を聴覚によって代替する研究が行われています。

〇技術の概要
モバイルコンピュータの普及が進み続けている中で、利用者は小さな画面(例えばスマホ)を見続けることが多くなり、自分の周囲に気を配ることが一層難しくなってきています。そのため、“歩きスマホ”のような事故も頻繁に起きています。
このような視覚に頼る状況を軽減するために、視覚と同様の情報を立体音響によって同時に与える方法があります。さらに可能であれば、視覚情報を全く切り離し、聴覚情報のみを使う方法も考えられます。
上記の目的を達成するため、多くの研究が行われていますが、課題もあります。例えば、仮想音像は通常、聞き手の頭の中に表現されるもので、距離感を伝えることが困難と言われています。
このような仮想音像をリアルタイムで表現するための改善策について、現在研究を進めています。

講座・グループ

研究カテゴリー

活動分野
信号処理
関連キーワード